アプガつんく♂から掛けられた言葉と新アルバム決定
アップアップガールズ(仮)(以下:アプガ)が、2014年元日、「アプガ第二章(仮) 2014年元日決戦 ~赤坂BLITZ~」を開催した。 2013年はまさにアプガ躍進の年だった。数多くのLIVE、フェス参加、イベントをこなし、年末の「大晦日イブイブイブ決戦 ~CLUB CITTA’~」では、まさかの2013年もっとも激しいセットリストで勝負。「伝説の公演」としてファンの間で語り継がれ、それから一週間も立たない内に元日公演を迎える。最強の「LIVEアイドルグループ」として、2014年も驀進するつもりのようだ。 さて、日本有数の繁華街である赤坂も、元旦となるとさすがに人もまばら。そんな中で、「アプガ詣で」をするためにファンが多数駆けつけ満員!もはや一つでも見逃すことが出来ない状況となっているアプガのLIVEだけに、年末だろうが元旦だろうが関係ない、状態になっているようだ。 一曲目はお正月限定ソングになる『アプオメっ!!~アプガの正月だょ 全員集合!~』からスタート。可愛らしい巫女の格好をしたアプガが、一月一日(いちがついちじつ)をベースとした楽曲で舞い踊る。アプガのお正月を飾るのにふさわしい一曲だ。 ・アプガの新曲をクリックで確認・「見返してやりたい!」アップアップガールズ(仮)インタビュー そしてMCに入る前に書き初めを披露。新井愛瞳「女子力」、森咲樹「報恩謝徳」、佐藤綾乃「日進月歩」、仙石みなみ「中野」、関根梓「伸び」、佐保明梨「超人」、古川小夏「愛」と力強く書き、特に「超人」と書いた佐保明梨に笑いが起きる。 その後は、『マーブルヒーロー』では赤坂ブリッツを揺らしに揺らすほどにファンをロック。『Burn the fire!!』『UPPER ROCK』で完全にファンを掴み、赤坂で一番の熱い空間を演出。 (ファンの熱狂はAKBを超える?ブレイク寸前アプガの魅力) MCでは、お正月らしく鏡開きをし(樽の中は水)、これをステージドリンクにするという…前日に行われた、ハロプロの年越しカウントダウンLIVEへ出演した際のエピソードを紹介し、廊下ですれ違ったつんく♂から「腕を上げたな」と声をかけられたと発表すると会場からは割れんばかりの歓声が! その後は、大喜利をするなど終始、お正月モードの公演を展開。最後には、サプライズとして、「アップアップガールズ(仮)のオールナイトニッポン」の放送決定、新アルバムの発売が告知された。しかし、オールナイトニッポンには今のところ2人しか出演できず、全員出演するには現在販売中の「アプガのANNM総集編CD」が1000枚売れたらメンバー全員が出演できるというもの。 ハロプロに「捨てられた」彼女たち7人が、今年目標とするのはハロプロの聖地である中野サンプラザでの単独コンサート。その夢を叶え、そして更なる高見へと突っ走っていって欲しい。