超新星リーダーのユナク「5人が超新星を守ってくれた」
6人組韓国出身のダンスヴォーカルグループ・超新星が、12月29日(日)、東京・有明コロシアムにて、自身初のオリコンアルバムデイリーランキング1位を獲得したニューアルバム『SIX』のリリースイベント「超新星☆博4」を開催した。 毎年恒例となっているこのイベント。毎回、応援してくれるファンのために趣向をこらしているが、今年は2部制。1部はトーク&ライブ、2部はメンバー全員との握手会が行われ、延べ12666人のファンで会場は埋め尽くされていた。 1部のトークコーナーで、今回のアルバムがオリコンデイリー1位を獲得したことについて聞かれたグァンスは「ここにいらっしゃるファンの皆さんはもちろん、今日ここに来られなかったファンの方々に本当に感謝しています。そして、これで満足せずに、次はウィークリー1位を目指したいです」と、ファンに対する感謝の気持ちと、さらなる目標を語っていた。 この日はメンバーそれぞれの今年の重大ニュースも発表。今年7月に除隊し、超新星としての活動を再開したリーダーのユナクは「入隊する前から、ずっと不安でした。5人を見て寂しい気持ちになったこともありましたが、5人が超新星を守ってくれたのでこうして戻って来ることが出来ました」と今年を振り返った。 ミニライブでは、自身初10万枚以上のセールスを記録した『WINNER』やニューアルバムの収録曲『HIGHER GROUND』など計6曲を披露。今年最後のファンとの時間は最高の盛り上がりを見せていた。 そして、この日はさらに嬉しいお知らせも。それはユナクが、2月19日に初のソロアルバム『STARTING OVER』をリリースするというもの。ユナクは自身のアルバムについて「今回のアルバムは電車とかバスに乗った時に聴いたら気分がいいなと思ってもらえるアルバムになっていると思うので、ぜひ聞いてみてください」とコメントしていた。 まだ聞いたことなければ、超新星の楽曲ここで聞こう!