アプガ年末に今年一番の「地獄のセットリスト」披露!
2013年、アイドルグループとしてはNo.1といえるほどに様々なLIVEに挑戦してきたアップアップガールズ(仮)(以下:アプガ)。 そのアプガが、2013年単独としては最後となるLIVE「アップアップガールズ(仮) アプガ第二章(仮) 大晦日イブイブイブ決戦 ~CLUB CITTA’~ 」を12月28日に開催した。 会場は、この師走で帰省ラッシュの最中、満員。いま、LIVEがもっとも楽しいアイドルグループと言われるアプガを一瞬でも見逃せないとファンも考えているようだ。 『イチバンガールズ!』からスタートしたLIVEは、『マーブルヒーロー』『Burn the fire!!』と繋ぐ。客席に降り観客と同じ目線に立ち、ゴリゴリのパフォーマンスをファンの中で行う。 ・アプガの新曲をクリックで確認・「見返してやりたい!」アップアップガールズ(仮)インタビュー そして、自己紹介から様子が変わった。「今日は激しいLIVEになる」ということで、会場のファン全員とラジオ体操を行う。佐藤綾乃は「なにか伝説を残したい」と話したが…怒涛の勢いで『UPPER ROCK』『サバイバルガールズ』『ENJOY!! ENJO(Y)!!』『なめんな!アシガールズ』『ワイドルセブン』『バレバレI LOVE YOU』『虹色モザイク』『リスペクトーキョー』『アップアップタイフーン』『チョッパー☆チョッパー』『お願い魅惑のターゲット』『アッパーカット!』とノンストップで披露。仙石みなみが当サイトのインタビューで語っていた、「アプガ史上最も攻めているセットリスト」をこの日、披露した形だ。アプガの激しく踊りまくる楽曲をノンストップでこなすのだから、まさに地獄のセットリスト。途中で見ているファンたちもバテ、休憩を取らなければついていけないほど。全力疾走でマラソンをしているようなセットリストだ。2013年に数々の修羅場を乗り越えてきた7人は、この年末に課せられた課題も何とか突破! (アプガ仙石みなみ激白!「音楽に国境は関係ない!」と「スク水」) 最後は、まさに勝負の年となるであろう2014年へ向けた『Next Stage』で本編を終了した。そしてアンコール。 それぞれが感想を話し、「もう意識が飛びそうで、ステージ上で倒れるんじゃないか(森咲樹)」、「わたしの目標は、人間の限界を超える。今日のセットリストで限界を超えられたんじゃないかなと思います。2014年は人間じゃなくなりたい!(佐保明梨)」「みなさんに感謝を倍にして返したいと思います。私たちと一緒に、中野サンプラザに行ってください!(古川小夏)」「16年間生きてきた中で、一番の運動量じゃないかなと。LIVE最高です!(新井愛瞳)」「ただ楽しかったです!(関根梓)」「限界を超えたところくらいからが丁度いいと思いました!限界を超えたらしくて笑いが止まらなかったんですよ(笑)。(佐藤綾乃)」「おかしくなるくらい激しかったんですよ。(2013年の)経験一個一個が積み重なって今日のLIVEが成功したと思います。ライブしながら走馬灯の様に今年のいろんなことを思い出しながら、皆さんの笑顔だったり熱い声援があり、皆さんのパワーを頂いて中野サンプラザもその先の先もドンドン目指したいと思います。(仙石みなみ)」と話した。 最後には、今日の「地獄のセットリスト」を演奏順逆に演じサビを中心にスペシャルMIXでパフォーマンス。もはや限界を突破している体力の中(この日は昼夜の2公演!)最後まで笑顔で完璧なパフォーマンスを披露。2014年、間違いなくアプガはブレイクするアイドルグループの一つになると確信する夜だった。