地下アイドルのアリス十番、スチームガールズが武道館でステージを披露
地下アイドル集団、アリス・プロジェクトの主要グループであるアリス十番とスチームガールズがタッグを組んだユニット、仮面女子がついに武道館のステージへ降り立った。 仮面女子が発売した、『妄想日記』が累計5万枚を売上、オリコン週間チャート4位を獲得したことは既にお伝えしたが、この楽曲は今年結成10周年を迎えるシドの名曲『妄想日記』のカヴァー。今回の武道館も、シドの「Visual BANG! ~SID 10th Anniversary FINAL PARTY~」へゲスト参加をしたもの。しかし、ゲスト参加とはいえ、メジャーデビューもしていない地下アイドルグループが武道館のステージに立つことは異例中の異例だ。 (武道館も決定!アリス十番が大ピンチ!) ジェイソンマスクをつけたアリス十番とスチームガールズのメンバーが武道館のステージへ立つと、初っ端から『妄想日記』でスタート。メンバーそれぞれが赤い布で繋がれ、赤い糸で結ばれているかのような演出。ジェイソンマスクをつけたままでのステージに、他のバンドを応援しに来たファンたちは度肝を抜かれていた。その後も、『大冒険☆』『天地―AMATSUCHI―』『夏だね☆』の4曲を披露。4曲25分ほどのステージだったが、キッチリと「武道館」に爪痕を残すパフォーマンスを披露した。 2014年、まだまだアリス十番、スチームガールズから目が離せなそうだ。 ・アリス十番盛り上がり必至の『全開☆ヒーロー』試しに聞くならdwango.jpで!