ディズニーアニメ史上No.1ヒット作の日本語版主題歌にMay J.
日本劇場公開に先駆け、11月27日(水)に全米公開し、あの「美女と野獣」「塔の上のラプンツェル」を超えてディズニー・アニメーション史上No.1の大ヒットを記録した映画「アナと雪の女王」。 同映画の日本語版主題歌(エンディング・ソング)にMay J.が決定、新曲のタイトルは『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』。ディズニー史上初のWヒロインが贈るドラマティック・ミュージカル作品を、May J.が美しく壮大な歌声で包み込む。 May J.は6月にカバー・アルバム第1弾『Summer Ballad Covers』をリリースし、30万枚を超える大ヒットを記録。続いて10月にリリースしたオリジナル・アルバム『Love Ballad』もトップ10入りを果たすなど、大きな注目を集めた。2014年3月26日にカバー・アルバム第2弾のリリースも決定しており、今最も注目されているアーティストだ。 (関ジャニ番組で世界の歌姫へイリーがカラオケでMay J.と対決) May J.が歌う『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』は、「ありのままの自分でいい」「勇気を持って第一歩を踏み出そう」というポジティブなメッセージが詰まった楽曲。「聴いてくださった皆さんが、また明日から頑張ろう!という気持ちになっていただけたら嬉しいです。」(May J.)配信限定シングル『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』は、2014年1月5日より配信開始。 同楽曲は、2014年3月12日(水)発売の『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』(Walt Disney Records)に収録されるほか、3月26日(水)に発売が決定しているカバー・アルバム第2弾にも、同楽曲を生バンドとオーケストラでアレンジした別ヴァージョンが収録される。