大塚愛「裸同士のお付き合い」をファンと体験
12月25日に大塚 愛が自身のデビュー10周年を記念して、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて初の弾き語りライブ「AIO PIANO vol.1」を行った。 ステージには、ピアノを見つめるようにそびえ立つ約8mのクリスマスツリーとそれを取り囲むように椅子に配置された無数のローソクが並ぶ。まさに聖夜のライブにぴったりのシチュエーションだ。オープニングSEと共にツリーの中から登場した大塚 愛。自身、初披露となるインストゥルメンタル曲からステージは幕を開けた。 ライブ中のMCでは、「楽曲を産み出すときに、最初に向き合うのはピアノと歌。その瞬間を今日は一緒に体験していただくという会です。つまり、裸同士のお付き合いです!どうぞ、よろしく~!」と語り、ピアノアレンジされた『大好きだよ。』『恋愛写真』などおなじみの曲はもちろん、未発表曲『マワリ廻るマワレバ回ろ』『ホワイトクリスマス』やJUDY AND MARYのカバー、バンド参加しているRabbitで担当した楽曲の『半熟たまご』『泡ガール』など、全17曲を生まれての姿で披露した。途中、大塚 愛のライブではおなじみのベーシスト山口寛雄や、ドラム古田たかしがトナカイのスタッフに引かれてサンタの格好で登場。会場は熱気に包まれた。 (謎の新人kaho脅威の弾き語り映像公開) アンコールでは、先日行われた10周年のアニバーサリーライブ「お大塚 愛 LOVE IS BORN ~10th Anniversary 2013~」のDVD & Blu-rayリリースや『さくらんぼーカクテルー』の一斉配信など、サプライズとなる嬉しい告知も。最後にサンタクロースへの願いを「ひとり残らず、来年もみんながついてきますように!」と結び、約2時間、静と動が絶妙にブレンドされた新しい大塚 愛に出会えるライブだった。本格的に動き出した、彼女の動向に今後も注目したい。(PHOTO 田中聖太郎) 大塚愛楽曲買うならドワンゴジェイピーで