乃木坂46新センター堀未央奈が魅せた決意
2011年8月に結成された乃木坂46が日本武道館で12000人のファンを集め初の単独コンサートを行った。 クリスマス直前ということで、コンサートタイトルは「乃木坂46 Merry X’mas Show 2013」となり、客席にはサンタクロースの帽子を被ったファンや、クリスマスを感じさせるファッションのファンも多く見られた。 コンサートのオープニングはゴスペルシンガーグループによるクリスマスソングの披露があり、一気に会場のボルテージが急上昇。ファンは期待でテンション上げ上げの中、満を持して乃木坂46が登場した。記念すべきオープニング曲は『おいでシャンプー』。スタートから乃木坂46ワールド全開で、一気に5曲を歌い上げた。 MCでは、清々しい汗をかいたメンバーが、夢の日本武道館のステージに立っていることについての感想を話す。キャプテンの桜井玲香は「日本武道館にやって来ました」とハイテンションでアピール。白石麻衣は「私はずっと武道館でライブをすることが夢だったので、ファンの皆さんやお世話になっている方のお陰です」とファンにお礼を言い、その言葉にファンは応えていった。 MCが終わりライブが再会すると、クリスマスをモチーフにした衣装の生駒里奈が登場して、ソロの朗読がスタートした。曲の間に朗読を挟むという今までのアイドルライブでは見ることの無かった演出、しかも武道館ということで12000人のファンは生駒の朗読に釘付けになっていた。サプライズな演出である。 (乃木坂46久々個人MVは超有名監督揃い!) サプライズはこれだけではない。クリスマスソングを7曲も披露した。キャンドルを持った演出や全員でサンタクロースの衣装を着て、クリスマスならではの粋なステージを演出。この後、さらに凄いサプライズが待っていた。来年の2月22日に横浜アリーナで2周年記念コンサートの開催が発表された。メンバーは嬉しさより驚きが先に来たようで、ステージで呆然とするメンバーもいた。 新たな目標ができ、改めて気合が入った状態でコンサートは終盤となり『ぐるぐるカーテン』『制服のマネキン』など乃木坂46にとってのフェイバリットソングを連発。最後は『君の名は希望』を歌うのだが、ここでのトークを最新シングル『バレッタ』でセンターポジションを勝ち取った堀未央奈が担当した。「今日は本当に皆さんありがとうございました。この2ヶ月の間に私は色々な思いがありました。そんな時に力強く支えてくれたのが、ここにいる先輩方です。そして暖かく迎えてくれたファンの皆様、変わらず接してくれた2期生のみんな、スタッフの皆さん本当にありがとうございました。私は何があってもこれから乃木坂46のためにベストを尽くしていきたいと思います」と堀は堂々とした振る舞いを見せた。これにはファンも感動し、堀未央奈に大きな拍手を送った。 最後はステージだけでなくファンも一緒に『君の名は希望』を大合唱し幕は閉じた。 暗転と同時に客席から大きなアンコールが巻き起こる。武道館に響き渡るアンコールに応えて再びメンバーが登場。『走れ!Bicycle』『乃木坂の詩』と続き、最後は『バレッタ』を歌い、初となる日本武道館のコンサートを大成功のうちに幕を閉じた。 乃木坂46新曲カップリングまで全揃え!乃木坂買うならdwango.jp!【クリック】