ゆるめるモ!が箱庭の室内楽とコラボミニアルバム発売
アイドルグループの「ゆるめるモ!」とロックバンド「箱庭の室内楽」からなる、「ゆるめるモ!×箱庭の室内楽」の企画盤ミニアルバム『箱めるモ!』のリリースが決定した。 タワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」から発売される。ゆるめるモ!は、ドイツのクラウトロックバンド、ノイ!を意識したアイドル史上最長の10分曲『SWEET ESCAPE』が論争を巻き起こしたアイドル界の超異端児。一方、箱庭の室内楽は、いずこねこのワンマンライブでバックバンドを担当、作詞作曲担当のハシダカズマがlyrical schoolや泉まくらへの楽曲提供をするなど、ボーダーレスな活動をしているロックバンド。 (アプガ、バニビ参加のTパレ感謝祭で驚きのユニット!重大発表も) この異色の2組が組んだ本作『箱めるモ!』には、ヒップホップ、シューゲイザー、ポスト・ロック、オルタナティヴ・ロック、エレクトロニカ、ドリーム・ポップなど、あらゆる音楽ジャンルの“箱”が詰め込まれており、箱庭の室内楽はこのミニアルバムの作曲・編曲を担当。中でもラッパーのDOTAMAがリリックで参加したリード曲『木曜アティチュード』は脱力ラップの金字塔とも言える仕上がりとなっている。