the pillows記念すべきLIVEでサプライズ!
結成25周年期間に突入したthe pillows。 12月14日、Zepp Tokyoにて約1年半ぶりとなる全国ツアー“TOUR 2013 LOSTMAN GO TO CITY”最終公演を大熱狂で終了した。24年間休むことなく活動してきてきたバンドだけに、ファンにとって活動休止明け、待望のツアーとなったこのツアー。全ヶ所即日ソールドアウト、最終公演はまさにプラチナチケットとなり、開演前から会場は熱気に溢れていた。“LOSTMAN~”と名付けられた、レコ発ではないこのツアーは毎回隠れた名曲や、20枚以上アルバムをリリースしているバンドだけに、普段なかなか披露できない楽曲が中心となるツアー。今回のツアーもそんな楽曲を中心に、さらに久々のツアーだけにファン盛り上がり必至の名曲も組み込まれ1曲目からアンコールまで途切れることのない熱気が続いた。 モッシュを呼ぶ『White Ash』からスタート、2曲目に15年前のシングル『NO SELF COTROL』、激しいロックナンバーを立て続けに披露したあとにちょっとしたサプライズが。6曲目の『都会のアリス』でミュージックビデオに参加したキッズダンサーが登場。アリスとトランプマンに扮した二人がヴォーカル山中を挟んでキレキレのダンスを披露。可愛くかっこいいダンスで会場をさらに盛り上げる。 まさに隠れた名曲『ウィノナ』などラブソングでグッと心を掴むブロックを経て、このツアーの為に準備された新曲『About A Rock’n’Roll Band』は25年のロックバンドの心意気がそのままでた勇気を呼び起こすロックナンバー。24年の誕生日にリリースされたシングル『ハッピー・バースデー』で会場は感涙。そしてアンコールではライブでの一体感の代名詞のような名曲『Blues Drive Monster』、そしてこれもイントロから盛り上がり間違いなしの『WAITING AT THE BUSSTOP』でアンコールを締める。 そして拍手が鳴りやまない中、ダブルアンコールはピロウズのそしてファン全てのバンドソング“ハイブリッド レインボウ”。休止明けの2013年、そして紆余曲折あった24年のラストを強い意志を見せつけて締めてみせた。ステージに一人残った山中は“24年色々つらいこともあった。でも音楽とロックを信じることで乗り越えてこれた。誰にお礼を言っていいかわからないので君たちにお礼を言うよ、ありがとう”と思いを観客に伝えた。いよいよ本格的に25周年期間に入る2014年にむけ熱い演奏と思いを確実に届けたライブ。25年目のthe pillowsが楽しみだ。 the pillows楽曲購入するならdwango.jp