PASSPO☆初の点灯式に興奮
PASSPO☆が、12月12日(木)、東京スカイツリータウン(R) 4Fスカイアリーナにて開催中の「J:COM×Universal music presents TOKYO SKYTREE TOWN Christmas Countdown LIVE」に登場した。 12月11日に、3rdアルバム『JEJEJEJET!!』をリリースし、10日付けオリコン・デイリーランキングで5位を獲得したPASSPO☆。会場には、平日の夕方、さらに真冬の野外イベントにも関わらず、500人にも上るパッセンジャー(ファン)が詰め掛け、サンタ風の衣裳で9人がステージに登場すると、割れんばかりの歓声が沸き起こった。 この日のイベント会場は東京スカイツリーの真横。クルー(メンバー)の約半分がスカイツリーを訪れるのは初めてということもあり、玉井杏奈は「大きくてビックリしました!見上げるんじゃなくて、のけぞる感じですね!」と感動しきりの様子だった。また、ニューアルバムについて聞かれたキャプテン(リーダー)の根岸愛は「今までも色々やってきたんですが、今回もクルー(メンバー)が作詞に挑戦したり、新しいことにチャレンジしています」と語っていた。 (アイドルがロックフェスに出る理由は?) そして、この日集まったパッセンジャー(ファン)に配布されていたライトが振られると東京スカイツリータウン(R)のイルミネーションが点灯するというスペシャルな点灯式も行われた。スカイツリーがライトアップされる瞬間を見た森詩織は「初めてなんです!点灯式やったの!」と興奮を隠し切れない様子だった。 イベントでは「Growing Up」や「少女飛行」など、ヒット曲を中心に計6曲をパフォーマンスしたPASSPO☆。寒さを吹き飛ばすかのようなパワフルなステージに、集まったパッセンジャー(ファン)はもちろんのこと、道行く買い物客も足を止めてそのステージに魅了されていた。また、クリスマス直前ということもあり、名曲「恋人がサンタクロース」のカバーが、玉井杏奈の振り付けで特別に披露されるなど、パッセンジャー(ファン)にとっては早めのクリスマスプレゼントとなったようだ。 「新エアライン3部作」すべて←聞くなら断然ドワンゴがお得!