しょこたんパズドライベントでファンと「告白の練習」サプライズ!
ニンテンドー3DS用ソフト「パズドラZ」の主題歌を担当する中川翔子が、パズドラZ発売記念点灯式にサンタ姿で参加をした。 中川翔子は自身もパズドラの大ファンだとして「(親に)プレゼントのお願いは本当にゲームでした」としながら、中学1年生の時に母親が年末に財布を盗まれながらも、クリスマスプレゼントにゲームを無理して買ってくれ、一生忘れられない思い出になったと話した。 (中川翔子新曲に「パズドラZ」特典付きアザージャケット封入!) また、会場では子どもたちの夢をかなえる企画をサプライズとして実施。しょこたんファンである女の子の「しょこたんと遊びたい」という願いを叶えるため、会場に設置されたゲーム機でパズドラプレイ。また、二人目に壇上に上がった少年は「好きな女の子がいるんですけど」としょこたんに恋の相談を。しょこたんを「仮想好きな女の子」として、告白の練習をするなんとも羨ましい展開に会場に詰めかけたファンから大歓声が上がった。最後に、主題歌である『さかさま世界』中川翔子を生披露して点灯式は終了した。 中川翔子は、「本当にゲームの主題歌というのが人生の念願中の念願でした。子供たちが初めて触れる無限のわくわくが『パズドラZ』には詰まっていると思います。ゲームをプレイして、OPアニメを見ながら「さかさま世界」を口ずさんで、また冒険して…というふうに、ゲームと共に『さかさま世界』を楽しんで頂けたら嬉しいです。」とコメントした。