「リアル・アンドロイドマツケン」が本人とイベントで共演
来年で芸能生活40周年を迎える人気俳優で歌手・松平健(60)が5日、東京・港区の麻布十番商店街で「松平健の大繁盛キャンペーン」と銘打った商店街活性化イベントを行った。 まず彼の故郷・愛知県豊橋からスタート(11月実施)し、今回、彼の所属事務所がある麻布十番の商店街で今回、2回目のキャンペーンを行うことになったもの。会場となった同商店街の中程にあるパティオ十番特設ステージ前には、約1000人のファンや買い物客らが詰めかける中、「先月の豊橋でのキャンペーンは、すごい盛り上がりました。閉まっているシャッターが全部開きました。今回の麻布十番は、僕にとって第二の故郷です。都会の中にありながら人情のある街です。これから日本全国の商店街を元気にしたい」と笑顔を見せながら2人の踊り手をバックに大ヒット曲『マツケンサンバⅡ』と新曲『マツケンの大繁盛』の2曲を熱唱。 その中で「手ぬぐい争奪じゃんけん大会」も行い同ステージ近くの麻布十番会館に現在、KDDI「Smart TV Box」のTV―CMで大きな話題になっているもう一人のマツケン「リアル・アンドロイドマツケン」(松平にそっくりなロボット)が同キャンペーンに賛同して急きょ駆けつけ、「手ぬぐい争奪じゃんけん大会」の勝者50人に松平と2人で手ぬぐい=特典付きのプレミアムシート同封=を手渡した。 ゴッドタンマジ歌楽曲揃えました!↑