若年性パーキンソン病と闘う44MAGNUMのPaulが新バンド
44MAGNUM/Paul Positionで活動するPaulが、自身のニューバンド、Skull and Bonesでベーシストとして活動をしていることが明らかになった。 若年性パーキンソン病と闘いながら音楽活動を勢力的に行っているPaulが挑んだ新たな挑戦は、ベーシストとして全身を振るわす激しいロックンロール・サウンドを奏で、時代を折檻したロック・ミュージシャンを率いたドリームバンド。 「元々強い興味を持っていたベースを弾くうちに、どんどんその奥深さに虜になり、音楽の聴き方や曲作りのアプローチが変わり、とにかく楽しい。バンドはとにかくめちゃめちゃいいメンバーが集まった。このグルーヴを生で体感して欲しい。そもそも、リハビリのためにはじめたのがキッカケなんだけどね(笑)」とPaulは話す。 このバンドのお披露目が、自身が主宰する『Play Da’魂!番外編!!」に出演することが決定!共演バンドは原田喧太、和佐田達彦、反町”YUKI”哲之がそれぞれリーダーとなり結成した一夜限りのスペシャルバンドと共演。白熱のロックステージが多いに期待される。 PAUL PRESENTS 番外編!! Play Da’ 魂! Vol.9.5『TRIBUTE ~ My Dream Band ~』2013/12/11(水)18:00(開場)18:30(開演)目黒LIVE STATIONhttp://playdt.mrocks9.com 44MAGNUMの名曲!クリックでゲット