Berryz工房、念願の武道館で涙!
Berryz工房が初の武道館公演「Berryz工房10周年記念日本武道館スッぺシャルライブ2013~やっぱりあなたなしでは生きてゆけない~」を11月29日に行った。 10周年記念ということでこの日、武道館にはBerryz工房の晴れの舞台をみようと多くのファンが駆けつけた。ライバルである℃-uteが、今年2013年に同じく武道館単独コンサートを開催、大成功させただけにBerryz工房にも期待がかかる。 現在のメンバー人気度で言えば、どうしても「ももちのいるグループ」という印象が強いBerryz工房だが、それぞれのメンバーの個性が強く、LIVEやコンサートは毎回、その個性のぶつかり合いで他のハロプログループにはない、独特のグルーブを生み出す。また、徳永千奈美を中心にお祭り騒ぎとなるのもBerryz工房のLIVEの魅力だ。 武道館の記念すべき一曲目は1stシングル『あなたなしでは生きてゆけない』。そして続けざまに新曲『ROCKエロティック』。この10年近い時空を超えた粋な選曲にファンも感動、そして初っ端からボルテージマックスに!念願の武道館公演でもお祭り騒ぎは健在で、特に『ジンギスカン』『cha cha SING』『ジリリ キテル』などでファンと共に大盛り上がり!Berryzらしいステージを演出した。熊井友理奈が途中一人でデビューから現在までのジャケットを思い出とともに紹介。「メイクが濃くなってって」「この辺恥ずかしいシリーズで」などなぜか毒舌を挟みながら紹介。アジアでの思い出話などで笑いを誘った。 途中、℃-uteが登場し、武道館公演を祝福。℃-uteの武道館公演でハロー!プロジェクト・キッズ時代の写真を公開されたことへのお返しで、Berryz工房メンバーのハロプロキッズ時代の写真を℃-uteが公開。須藤茉麻が目を半開きの写真で大爆笑を誘い、なぜか℃-uteのリーダー矢島舞美が巻き込まれて過去の恥ずかしい写真を公開される場面も。過去の一緒に『がんばっちゃえ!』『ライバル』。特に『がんばっちゃえ!』は、Berryz工房、℃-uteが一緒に活動をしたハロー!プロジェクト・キッズの曲でも有り大盛り上がり!また、研修生の『彼女になりたいっ!!!』では、菅谷、須藤、熊井、徳永、清水が、研修生がLIVEで着ることで有名な「名前入りTシャツ」を着用し共に歌うサプライズも。 『もっとずっと一緒に居たかった/ROCKエロティック』今すぐ聞くなら!↓クリック (2013年ハロプロ楽曲を総括しランキング付け!第一位は…) また、そのままの流れでももちの『ももち!許してニャン体操』を全員(夏焼雅以外)と1万人のファンと共に踊った。そして、続いて登場したのはソロで夏焼雅。一人で心細くなったのか、ファンの声援に涙しながら『あいたいけど…』を熱唱。最後は、盛り上がりソングのメドレー、『スッペシャル ジェネレ〜ション』から、アンコール2曲までを歌いきった。 菅谷梨沙子、夏焼雅はハロプロの中でも屈指の圧倒的な歌唱力で圧倒、清水佐紀はダンスで、徳永千奈美、須藤茉麻は持ち前の明るさでこのお祭りを彩り、嗣永桃子はその独特のキャラでしっかりと場を盛り上げた。涙あり、笑いあり!まさに、Berryz工房らしい武道館コンサートとなった。(カメラ/林直)