HKT48九州7県ツアーで指原莉乃「九州を制覇」
2011年11月26日にHKT48劇場がオープンし2周年。節目となる26日にHKT48全メンバー出演による「HKT48劇場 2周年記念 特別公演」が開催された。 冒頭のMCで、1期生の宮脇咲良が「皆さんのおかげで2周年を迎えることができました」と挨拶すると、劇場内からは大きな歓声と拍手が起こった。1期生の松岡菜摘は「HKT48を応援してくださる方が増えたのが本当にうれしい」、若田部遥は「2年前はゼロからのスタートで、ここまで来れたことに感謝したい」と、あっという間に過ぎた2年間を振り返った。 公演では様々な組み合わせのユニット曲や、3期生9名による『スカート、ひらり』、また劇場オープン時に行っていた公演曲から1期生16名による『手をつなぎながら』では、感極まって泣き出すメンバーも。 そしてアンコールではAKB48 34thシングル『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』Type H収録のHKT48オリジナル曲『ウインクは3回』を初披露。センターに抜擢された3期生の矢吹奈子は小さな声を振り絞り「緊張しました」と話した。 アンコールで全メンバーがステージに集合すると、スクリーンがダウン。メンバーにも知らされていなかったサプライズ発表は「HKT48初 九州7県ツアー開催」のVTRが流された。客席からも大きな歓声が上がり、ステージ上のメンバーは驚きとうれしさのあまり、泣き崩れるメンバーも。支配人を兼務する指原莉乃は「九州7県まわって、みんなで九州を制覇しましょう!!」と意気込みを語った。最後の挨拶でチームHキャプテンの穴井千尋は「これからもこの仲間と一緒に、劇場と一緒に、ファンの皆さんと一緒に、いつかは全国にいけるよう頑張っていきたい。3年目のHKT48の応援、よろしくお願いします」と挨拶し、2周年記念特別公演は幕を閉じた。(C)AKS HKT48『メロンジュース』『スキ!スキ!スキップ!』他、名曲が全て買える!