渡り廊下走り隊、解散に渡辺麻友「たくさん成長できた場所」
2009年1月28日にデビューしたAKB48の派生ユニット「渡り廊下走り隊」。 AKB48から2番目の派生ユニットとしてデビューし、4人⇒5人⇒7人と形態を変 え、さらにメンバーのたび重なる移動を経験した激動のユニットが遂に5年の活動を経て活動に幕を閉じることに。そして12月25日にはベストアルバムのリリースが決定した。学校生活をコンセプトに当時中学生・高校生だった現在AKB48で中心的な活躍をする秋元康氏のプロデュースのもと、渡辺麻友・多田愛佳・仲川遥香・平嶋夏海の4人2009年1月28日にシングル『初恋ダッシュ/青い未来』でデビュー。特筆すべきは、一時AKB48を解雇された後、研究生として再スタートした菊地あやかを加えた5人でリリースした4th『アッカンベー橋』は オリコンランキング1位 (3/29付) を記録。これは、AKB48の派生ユニットとしては初の快挙となった。 そんな渡り廊下走り隊はさらに2011年進化し、渡り廊下走り隊にAKB48から小森美果・岩佐美咲の2名を加えて、ラジオ限定ユニット渡り 廊下走り隊7を結成。ニッポン放送で同名のレギュラープログラム「渡り廊下走り隊7(セブン)」と連動し、「渡り廊下走り隊7」名義で、国生 さゆりwithおニャン子クラブのカヴァーシングル『バレンタイン・キッス』をリリースし、当時20万枚のセールスを獲得した。2012年1月にリーダであった平嶋夏海がAKB48、そして渡り廊下走り隊の活動を辞退する事を発表した。続く新メンバーとして平嶋夏海と親友関係にあったAKB48の初期メンバー、元SDN48の浦野一美(当時27)が加入し、『少年よ、嘘をつけ!』をリリース。デビューより現在までのオリコンランキングにおいては、派生ユニットによる連続トップ10入り記録を11作連続で更新し続けている。(オリコン調べ)これは、ミニモニ。が持っていた「グループ内ユニットによるTOP10入り」記録を塗り替えている。シングル・アルバムの累計売上枚数はちょうど100万枚を超える。 今回の解散について、メンバーがコメントを出した。 渡辺麻友ワロタ(渡り廊下走り隊)は、すごく居心地がよくて、自分が自分らしくいられる楽しい場所でした。・・・メンバーが変わったりとかいろいろ あったことも含め(笑)、たくさん成長できた場所だったなって思ってます。ワロタのこと、忘れないでください! 多田愛佳強いていえば私の青春ですね。すごい色々物語があったっていうか、内容が濃い(笑)。私なんて『金スマ』に出たいって今でも思っています (笑) 仲川遥香解散は寂しいことですけど、これからは違う場所で、みんなの今までとは違う成長した姿を見られるのを楽しみにしてほしいなって思います。 平嶋夏海私が活動をお休みしていた間も、ワロタ(渡り廊下走り隊)のことはテレビで見てたし、出ている雑誌をコンビニでちょっと前のほうに出したりして応援するくらい好きなユニットです(笑)AKBが仲間ならワロタは姉妹。そういう仲の良さをファンの人も愛してくれていたんじゃないかなって思います。 渡り廊下走り隊7カップリングまで聞くならクリックでドワンゴへ