AKBグループ「チーム」とは何なのか?各グループ徹底分析
今回のAKBドラフト会議、そしてペナントレース制の導入で俄然注目を浴びているのが、「チーム」。 いままではミリオンヒットを連発し、日本の音楽市場の歴史を次々に塗り替えてきたAKB48、紅白出場も果たしたSKE48、アルバムもシングルも大ヒットしているNMB48、新人グループとしての記録を塗り替え続けるHKT48など「グループ」が脚光を浴びてきた。 現に筆者の知人の新規AKBファン(ファン歴1年目)へ話を聞けば、「劇場公演がなかなか当選しないので、チームごとに追うのは難しくなっている。大きな会場で、チームごとに分かれて楽曲披露はするけど2~3曲だけだし印象は薄い」という声が帰ってきた。 では、チームとは何なのか?それぞれのチームの特性を紹介していく。 まずはAKB48。チームA、チームK、チームB、チーム4の4チームに分かれている。チームAは、AKBグループで最も歴史の深いチームで、AKBの根幹となるエースが集まるチーム。まさにスーパースター集団、だった。しかし、幾度かのメンバーチェンジを経て現在の横山由依がキャプテンを務めるチームAは急激に若返りを果たし、高橋みなみ、渡辺麻友というスーパースターを擁しながら、兒玉遥(兼任)、矢倉楓子(兼任)、川栄李奈という各グループの若手エースを揃え「次世代エース候補の集うチーム」となっている。 そしてチームK。大島優子と秋元才加という男勝りの二人が作り上げたチームは「体育会系チーム」。大島優子がキャプテンとなり、いまでもその色は濃く残り、特に松井珠理奈の獲得(兼任)、小林香菜や島田晴香などの「公演の女王」を従え、圧倒的に劇場公演での人気が高い。公演へかける想いが強いメンバーが多く、今回のペナントレースではチームA以上に大注目のチームとなる。 チームB。柏木由紀と渡辺麻友が作り上げたチームBは、「王道アイドル」の集うチームと呼ばれ、現在も、柏木由紀、小嶋陽菜、島崎遥香、渡辺美優紀とアイドル性の高いメンバーが主要に活動をする。渡辺麻友の移籍があり梅田彩佳がチームキャプテンとなる中で、王道アイドル路線に梅田彩佳の持つダンスパフォーマンスの高さが加わり、より「魅せるアイドル」に進化をしている。AKBグループの中で、もっともアイドルという基本的な部分を追求しているのが梅田チームBだ。 そしてチーム4。このチーム4だけは特別で、一度は解体をされたチームであり、最近の峯岸みなみのチーム4は二代目となる。初代のチーム4は、島崎遥香を初め、阿部マリア、市川美織、入山杏奈、川栄李奈、永尾まりやとまさに「前田敦子、大島優子後のAKB」を背負って立つと期待されていたメンバーで構成され、誰の目から見ても順調なチームだった。しかし、諸説様々だが突然の解体となり、メンバーは離散。その後、このチーム4は一生涯「使われない名前」となるとファンの間では思われていた。その中で、峯岸みなみ、そして小嶋真子、西野未姫、岡田奈々の三銃士を従え復活。初代チーム4がかけられていた期待を、一心に背負っているチームである。新生チーム4は2013年11月3日(日)「手をつなぎながら」公演が、関係者やファンの間でも「予想以上にハイレベル」と言われ、特に三銃士は新人離れしたパフォーマンスを披露し大絶賛となった。峯岸みなみの知名度もあり、今後のペナントレースでは先輩チームであるA、K、Bから下克上を実現してやる!という気迫を感じる。 SKE48に話を移そう。まずはコチラもSKEの根幹であるチームS。24歳の苦労人である中西優香をリーダーとし、松井珠理奈を始め「踊れる」メンバーが揃うパフォーマンス集団。特にダンスへの取り組みはAKBグループでも一番強いと言われている。 KⅡは加藤智子、佐藤実絵子の26、27歳最年長コンビ(AKBグループでも最年長)がいれば、柴田阿弥、須田亜香里という総選挙でも大健闘をした二人(特に須田は見事選抜入り、柴田も17位)、そして兼任で大場美奈を獲得するなどメンバーの個性が非常に強いチームだ。それだけに、リーダーである高柳明音がどう個性派をまとめていき、両エースである柴田、須田が覚醒するか、今後が期待されるチームだ。 チームEは、とにかく未知数。移籍してきたリーダー松井玲奈はいるものの、現状では若手主体のチームであり、どう伸びていくのかファンも心配は尽きないだろう。SKEグループの特徴である「ダンス」そして飛び散るような「汗」。これをきちんと継承していけるのかは、松井玲奈にかかっている。 次はNMB48だ。チームNはNMBの中核メンバーが揃い、ダンスあり、笑いありの最強の布陣となっている。トークも出来、ダンスも歌も出来る、バラエティーに出演すればAKBグループ最強のチームがこのN。バランスもよく、NMB48のシングル選抜がほとんどこのチームNなので、まさにNMBを体現したチームとなっている。 島田玲奈率いるチームMは、まさに「個性派」の集まり。しかも、関西独特のキャラの濃さが濃厚に出ているチーム。山田菜々の加入後は、年配で人気も高い山田を年下メンバーが徹底的にイジるなど、ある意味AKBグループでも独特の雰囲気を持つのがこのチームMだ。 その逆で、じゃんけん大会で名を売った上枝恵美加率いるチームBⅡは、まだまだ個性を出せるメンバーも少ない。2013年5月に行われた「思い出せる君たちへ」~AKB48グループ全公演~で唯一、チケットを完売することが出来なかったチームとして屈辱を味わった。その後、雪辱のためにメンバー本人たち発案の「騙されたと思って食べてみて計画!」と称した活動をし、街角や握手会会場にて、チームBⅡチラシを自主制作するなどして追加販売を行い完売させた。まだまだ、発展途上だがガッツだけはどのチームよりもある、そんな若いガムシャラ精神がチームBⅡ。 最後に、HKT48から、チームHだが、このチームHしかHKTにはチームがない。HKT48がそのままチームHと言っても過言ではない。若いチームながら、各メンバーの認知度は民放の深夜番組などで高くそこに指原莉乃、多田愛佳という知名度抜群の元AKBメンバーが君臨する。公演も高い評価を受け、地方グループの代表格であるチームS、チームNと同格の集客力、知名度を誇る。ただ、若いメンバーが多く指原莉乃のプロデュースも完成していない現状、荒削りな部分が多く方向性が定まっていないようにも見受けられる。しかし、朝長美桜、田島芽瑠というHKTを代表する人気メンバーが研究生扱いという部分も含め、まだまだ発展途上な末恐ろしいチームだ。 こうしてみると、まだまだ未知数なチームも多い。が、各チームの特色はうまく分かれ、発展途上なチームも自分たちのカラーを見つけ、そして定着させようと必死にもがいている。いままでは、出身地が近いなどの御当地的な理由でAKB、SKE、NMB、HKTのファンになることが多かっただろう。しかし、今回発表されたペナントレースは、チーム間でのライバル関係をより面白くし、出身地も関係なくチームのポリシー、色でファンになることが多くなると予想される。俄然、AKBグループがまた来年にかけて面白くなりそうな予感がする。 日本一のAKB記事!一気読み今からでも遅くない!!『恋するフォーチュンクッキー』を聞いて、MVも買える!AKB48楽曲を買うならドワンゴ! (C)AKS