aiko4種の異なるツアー「aiko 15th Anniversary Tour」ひとまず幕
デビュー15周年を記念し、4種の異なるツアーを同時に回るという「aiko 15th Anniversary Tour」を7月より開催していたaiko。 10月31日(木)Zepp Nagoya公演にて、このスペシャルツアーが千秋楽を迎えた。約3ヶ月半に亘って開催されたこの「aiko 15th Anniversary Tour」は、7月13日(木)大阪BIG CATで行われたファンクラブ会員限定ライブ「Love Like Rock vol.0~パンツの替えは持って来いよ~」を皮切りに、キャパ200人規模の会場から大ホールまで、会場の規模からセットリスト、演出に至るまで各々異 なるライブツアー4種を同時に開催するという、前代未聞のスペシャルツアー。 このスペシャルツアーの千秋楽となった「Love Like Rock vol.6 ~15周年だなんて…やだ、涙が出る~」Zeep Nagoya公演2daysは、ハロウィン仕様の衣装や演出を行うなどのサプライズも行われた。冒頭、舞台にかかっていた幕が開くと同時に現れたaiko は、ゴスロリ風衣装にヒールの靴。従うバンドメンバーもそれぞれ仮装をして登場し、満員の会場は大歓声に包まれた。会場の熱気に応えるよう に、たて続けに『be master of life』などのアップテンポなナンバーを繰り広げるaiko。MCになったところで「今日は最終日ということで、いい感じに、ハロウィン仕様でお届けしたいと思います(笑)」「この会場を出たら(仮装のことを)忘れてください(笑)」と話したあとは、スニーカーにTシャツ、ショートパンツの ボーイッシュな衣装に着替えて再登場。ステージから花道まで所狭しと走り回った後は、『ナキ・ムシ』『私生活』など初期のミディアムナンバー でしっとりと聴かせる場面も。 新曲『Loveletter』『ボーイブレンド』などで観客を煽り続け、勢いそのままにロックバージョンの 『鏡』をアンコールに追加し終演となったものの、終演後も拍手と歓声が鳴り止まない会場。観客からのaikoコールに応え、急遽バンドメン バーとダブルアンコールに現れたaikoは「たくさんの声をいただいたので、もう1曲だけ。皆さんのおかげで、最終日にもう1曲歌える!あり がとうございます!」と、満面の笑みで『エナジー』を披露。何度も何度も「ありがとうございます!」とお辞儀をしながら名残惜しそうにステー ジを後にしたaiko。約2時間半に亘るこの日のステージで、「aiko 15th Anniversary Tour」はひとまず幕を閉じた。 『Loveletter』新曲聞くなら