アプガにサプライズ!7大都市で一人一都市PRの指令!
アップアップガールズ(仮)が、両A面ニューシングル『Starry Night/青春ビルドアップ』の発売を記念し、10月31日(木)タワーレコード渋谷店にてインストアイベントを行った。 この日はハロウィンということで、仮装をしているファンも多く見かけられた。登場したアプガのメンバー全員も仮装をして登場。古川小夏はピンクの全身タイツ、新井愛瞳は武士、仙石みなみは巫女、佐保明梨はチャイナドレス、関根梓は魔女風小悪魔、森咲樹は保育園生、佐藤綾乃はミツバチに扮装。佐保明梨はチャイナドレスで普段イベントでよく行う「空手の型」をカンフーバージョンにして披露。とはいっても、普段通りに空手の型をして最後に「アチョー」と叫ぶだけだったが…。 ハロウィンの今日だけ特別なプレゼントとして、「(仮)と書かれた柿の種」がフロアにメンバーが投げ入れプレゼントされるサプライズも。 イベントは、『青春ビルドアップ』からスタート。『SAKURA DRIVE』『BeautifulDays!』と秋らしい爽やかな曲を披露。そして最後の曲『Starry Night』を披露…しようとした時に、突如所属レコードレーベルT-Palette Recordsアプガ担当の吉野氏が登場し、タワーレコード社長・嶺脇氏の手紙が読み上げられるサプライズが!メンバー全員が突然のことにビビりまくる中、まずは年末年始のチケットがよく売れていると発表され、その後に春のツアーを実現させるために、7大都市での知名度向上が必要として、メンバー一人に付き一都市を責任もってPRしアプガの人気を上げることが指令された。 古川小夏が北海道、仙石みなみは地元の仙台、佐保明梨は東京、関根梓は名古屋、佐藤綾乃が大阪、森咲樹は広島、新井愛瞳は福岡を担当することが発表された。時期はまだ未定だが、7大都市の各タワーレコードで認知向上のイベントが行われる予定だ。 重大発表で盛り上がる中、新曲『Starry Night』を最後に披露しイベントは終了。年末、来年に向け更に知名度向上、そして春のツアー、更に中野サンプラザへ向けてまだまだアップアップガールズ(仮)の戦いは止まらない。 ・アプガ来年は聖地・中野サンプラザ目標!そして目指すは武道館 ・Androidユーザー必見!アプガのサイン入り限定グッズが当たる!クリックで詳細へ