「シブカル夜。きのこ忍者presents今夜は、ねむレナイト!」完全レポ!
2013年10月18日~28日まで渋谷を中心に行われたシブカル祭。2013。 10月25日にはタワーレコード地下1FにあるCUTUP STUDIOにてシブカル祭。のイベントとして「シブカル夜。きのこ忍者presents今夜は、ねむレナイト!」が行われた。でんぱ組.incの夢眠ねむとバニラビーンズのレナからなるユニット「きのこ忍者」がオーガナイズをするアイドル盛りだくさんのイベントだ。 LIVEとトークの二部構成となり、LIVEはバニラビーンズが先陣をきって登場!息のピタリと合った振付けは見ていて楽しく、明るくハッピーになれる曲を次々と披露。『チョコミントフレーバータイム』や最新曲『プリーズミー・ダーリン』などの名曲で会場と一体に!曲間には数々のイベントで司会をこなす二人だからこそ出来る抜群のMCで笑いを誘いながらもしっかりとイベントを進行。女の子のお客さんが多いことを喜びながら、最後は『東京は夜の七時』で出番を終えた。 バニビの後には、きのこ忍者の二人が登場し、開会宣言を高らかに宣言!「宣誓!私たちきのこ忍者はこのねむレナイト!をみんなと一緒に楽しみ目利きの眼をもっと磨くことを誓います!」と誓うも、会場が無反応で「誓ってよ!」と夢眠ねむが会場にツッコミを入れるシーンも! 次に登場したのは、ハナエ。モダンレトロな衣装に身を包み可愛らしくもどこか妖艶なスタイルで登場。「髪型がきのこな、ボブな女の子限定でオファーをだしていたそうで」と今日の出演の裏話を明かし会場を沸かした。昭和レトロな雰囲気の不思議な歌謡曲を歌いきり、リリカルスクールへバトンタッチ。最新アルバム『date course』(ジャケットイラストは、あの江口寿史!)を発売したばかりのリリカルスクールは、軽快なバックトラックに個性豊かなラップを絡め独特なラップスタイルを披露。何度も進化を繰り返してきた「J-RAP」。未だに様々なラッパーやトラックメイカーが生まれている中で、リリカルスクールは独自の路線を突き進み着実に実力をつけファンを増やし続けている。今日もアイドルイベントにもかかわらず、キャップできっちりとキメたB-BOYが多く見受けられたことからも、リリカルスクールのここ最近の精力的な動きが間違いではなかったことを物語っている。意外にもこのリリカルスクールが第一部の大トリでLIVEは終了。 二部のトークでは、夢眠ねむとバニラビーンズのレナからなるユニット「きのこ忍者」がMCを務めることに。様々な分野の「目利き」とのトーク三番勝負を敢行。一人目で登場をした南波志帆はなぜかテーマに「不思議体験」をあげ、UFO・宇宙人についてのトークを延々とし会場を微妙な空気にする。宇宙人は人型になって存在し、中には人間と結婚をし子供を生み三世四世がいっぱいいて、自覚のない宇宙人が多くいると力説。見極め方として、「ヘソがないこと」「肌がゴムっぽい」ことをあげる。更に、小さい頃に顔が猫で白衣を着た男の人を見かけたり、自分の部屋で寝ていたら緑色のおじさんが自宅のクローゼットに入っていくところを見るなど実際の不思議体験も披露。 次に登場は、女流漫画家の谷口奈津子。とにかく肉、肉、肉ばかりのトークを女子3人で繰り広げ、しかも生肉についてこれまた力説。最後に登場した、妄撮シリーズなどで夢眠ねむとも共演のある小林司(妄撮P)は夢眠ねむの裏側も暴露しつつおかっぱヘアについて持論を語った。 トーク部門が終わり、最後には掟ポルシェの熱すぎるアイドルソングDJタイムが待っていた!なぜかきのこ的なかつらを被り登場し、夢眠ねむとレナに「3人できのこサロンをやろう!」と無茶苦茶な注文をしたり、「渋谷系の名曲の数々をDJを通して教えてあげたいと思う」と言いながら、いきなりモーニング娘。からDJスタートするという荒業を!渋谷にあるハロプロショップ、これがタワレコ渋谷店にも開設する予定とのことでモーニング娘。の選曲だそうだが…!その後も、ゴリゴリのアイドルソングをかけながら、フロアとステージをを縦横無尽に動きまわり、最強のDJタイムを終了した。「おもちゃ箱をひっくり返したような」とはよく言われるが、まさにこの夜はカオスで「おもちゃ箱をひっくり返したような夜」だった。様々なアイドル・タレントのファンが詰めかけたが、みな終始笑顔だったのが印象的だった!こういったイベントは、是非、今後も行われてほしいと願う! ・バニラビーンズが乃木坂46番組で高いおねだりは「2000万の車」・バニラビーンズ『プリーズミー・ダーリン』を聞いてさわやかな秋に!