脅威のバンドサウンドで圧倒の鬱P!貫禄のニューロティカ「15の夜。」
15周年を迎えたタワーレコード新宿店をお祝いするためのイベント「15の夜。」。赤坂ブリッツにて、タワレコ新宿店と縁の深いアーティストが集結した。 BABYMETAL、SuG武瑠のソロプロジェクトである浮気者の次に登場したのは、異色のボカロPである鬱P。 (BABYMETALがタワレコ15周年記念LIVEで圧巻のステージ、レポ前半はクリック) バンドスタイルで臨んだLIVEは「大凶作」のDEATH姫をヴォーカルに、エンジェル正岡がギター、隈がドラムでサポート。のっけから重低音響くヘヴィーな音で『馬鹿はアノマリーに憧れる』『モンキーダンスの洗脳術』『骸Attack!!』と次々と披露!『害虫」では多くのBABYMETALのTシャツを着たベビメタファンまで巻き込みモッシュ&ダイブ、そして、客席で左回りにグルグルとタイフーンを起こすほどの狂乱のステージとなった。DEATH姫のヴォーカルと初音ミクの歌声が混ざり合い、めまいが起きそうなほどの重低音の演奏。もはやボカロ楽曲というジャンルを飛び越えた最上級のヘヴィーロックを披露。「鬱Pヤバイね!」という声がフロアで多く聞かれるほど鬱P初体験のアイドルファン、そしてロックファンを虜にした最上級のステージだった。 次に登場は、凛として時雨のドラムであるピエール中野。本業のドラムを使いアイドルの曲を演奏という仰天パフォーマンスからスタート。『でんでんぱっしょん』『レーザービーム』とアイドルソングを2曲こなし、矢継ぎ早にDJタイムへ。ドン・キホーテのテーマソング『ミラクルショッピング』、ミュージックステーションのテーマ曲である松本孝弘の『#1090~Thousand Dreams~』、嵐『A・RA・SHI』では観客と大合唱をし、ドラゴンボールZ『CHA-LA HEAD-CHA-LA』などカオスな選曲でフロアを沸かした。そして極めつけは、Xの『X』をスピンし腕をクロスしてジャンプする「Xジャンプ」を全員で行う。BABYMETALが『イジメ、ダメ、ゼッタイ』の振付で腕をバツにしてジャンプする振りが「Xジャンプが元ネタ」であることをレクチャーし「せっかくだからみんなでやろう」と…もはやここまで来ると、笑えるという次元を超え感動すら覚える!ピエール中野ワールドを展開し、大トリであるニューロティカへバトンタッチをした。 来年結成30周年を迎える大ベテラン。これだけの異色すぎる後輩たちから引き継いだ大トリで、しっかりと役目を果たしこのイベントをガッチリ閉めた!『気持ちいっぱいビンビンビン!!』では、なぜかボーカルのあっちゃんことアツシが3メートル近い巨体で登場。肩車をし二人羽織の要領で縦に長くしていたわけだが、これを30周年を迎える大ベテランがやる、ここにニューロティカが長くファンに愛されてきた理由を見た気がした。初めてLIVEを見るならどのバンドがいい?と聞かれ「ニューロティカ」と答えるロックファンは実は多いのだが、あっちゃんの抜群なMC、バンドの安定した高いスキルの演奏力、徹底してLIVEを楽しませることに心血を注ぐニューロティカはまさにキングオブロック!だ。 今回のタワレコ新宿店15周年LIVE、初めは異色すぎるカオスな出演陣だと思えたが、どのアーティストが欠けてもこの日の最高のLIVEは成立しなかった、いまではそう思える素敵なイベントだった! ・世界一激しいボカロ楽曲!デスボイスの初音ミク!?鬱Pインタビュー・鬱P奇跡の名盤!『悪巫山戯(わるふざけ)』DLですぐ聞くならコチラから悪巫山戯 (読み:ワルフザケ) カメラ/柴田和彦