山形で大ブレイク!レディオサイエンスとは?
憂いある圧倒的なボーカルと泣きの美メロを聴かせるメロウポップな楽曲を武器に山形で局地的に大ブレイク中のデュオ、レディオサイエンス。 そんな彼らが、待望の1st全国流通フルアルバム『umbrella』を10月16日(水)ついにリリース。元々は神奈川県溝の口駅前のストリートライブが大きな話題となり2009年に美メロ洋楽日本語詞カバーユニットとしてビクターエンタテインメントからデビューした彼らは、その独自のスタイルで人気を博し『雨音はショパンの調べ』のカバーがスマッシュヒット。 そして2011年、山形さくらんぼテレビの年間イメージソングに抜擢されたことから(シングル『Day By Day』2011年5月25日発売/ビクターエンタテインメント)山形県内で大ブレイク!山形では800人規模のホールコンサートがソールドアウトするなど局地的な盛り上がりを見せ、以来、オリジナルの限定シングルをリリースし続ける中その人気は加速し、今回初の全国流通フルアルバムをリリースするに至った。 アルバムリード曲『Dancing In The Rain』はダフトパンク+歌謡曲とも言えるディスコファンクチューン。「雨男は踊る!」と、自ら本当に雨男であるボーカル宮田が、その雨を「世情」を表すモチーフとして登場させ、決して明るいとは言えない現代でもそれぞれの人生は淡々と進んでいくし、そんな中でも一番近い人の温もりを信じ大切にして生きていきたいと願う思いを表現した希望の歌。フジテレビ系「魁!音楽番付 EIGHT」のエンディングテーマ(10月~12月)と、フジテレビ系音楽情報バラエティ「ミューサタ」の10月度エンディングテーマにも決定している! レディオサイエンスの曲、山形県人必聴!そうでなくても美メロ酔おう←クリック