奇跡の名曲!惡の華新オリジナル楽曲「白日夢」制作秘話
アニメ「惡の華」の新オリジナル楽曲制作会議を生公開するニコニコ生放送「第三回『惡の華』新オリジナル楽曲制作発表会 生放送」が10月6日に放送され、ついに新オリジナル楽曲が完成し披露となった。 この日は残念ながらASA-CHANGが都合により出演できず、原作者・押見修造、宇宙人のVo.しのさき あさこの2人が出演。 生放送が始まるとまず画面に飛び込んできたのは、司会のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記の体操服姿!これは、「惡の華」の主人公である春日高男が、思いを寄せる佐伯奈々子の体操服を着こむという原作の場面を再現した衝撃的なコスプレであった!これには、ユーザーからのコメントで【笑】や【www】の文字が多数打ち込まれ場を盛り上げた。さらに「ASA-CHANGさんがいないと発表会が少し寂しい」という吉田としのさきからの要望に、押見が直筆でASA-CHANGの似顔絵を用意するなど、和やかなムードで発表会はスタートした。 初めに、前回放送で宿題となっていた曲のタイトルを発表!そのタイトルとは…「白日夢」!ここでしのさきがホワイトボードにタイトルを書くも、独特な書き順に出演者やユーザーから総ツッコミが入る。さらに、「漢字は得意です」と言うしのさきに「漢字の【醤油】を書いて」と吉田からの注文に、まるで象形文字のような「醤油」を書いたりと、しのさきの独特すぎる世界観が展開されていく。 ようやく放送は本線に戻り、押見の描いたアートワークが披露される。前回公開されたラフ画の段階でも既に「スゴイ!」と言われていた絵は、鮮やかでありながら不穏な空気が漂う、まさに【白日夢】な仕上がりとなっている。ユーザーコメントからも「スゴイ!」「おおお!!」と一斉に書き込みが入り、発表会に華を添えた。その後、しのさきの「体調に気をつけて聴いてください」という独特な曲フリで、遂に『白日夢』が公開! ASA-CHANGによるボーカルチョップ、タブラのビートが絡み合いながら、しのさきの無垢な声が伸びていく。軍歌、賛美歌といった第1回目の会議で決められた曲調が昇華され、どんどんと奥深くエモーショナルな世界を作り出す。曲が終わり、吉田は「鳥肌が立った」と語り、ユーザーコメントからも大絶賛の嵐が!これには、しのさきも押見も満足そうな表情を浮かべた。その後は出演できなかったASA-CHANGからの動画コメントと、楽曲の解説を繰り広げた音楽講座のような「制作秘話」が公開された。「ためになる!」とのユーザーコメントの一方、フリップを使っての説明に「芸人みたい」との声も上がり、会議は終始笑いが絶えないまま大団円を迎えた。放送を終えた3人に、それぞれコメントを貰った。 【ニコニコ生放送を終えて】 押見修造 「普段は構ってもらうことができないから、みなさんと話すことができ、色々と構ってもらえてすごく嬉しかったです(笑)。尊敬するASA-CHANGさん、ピュアなしのさきさんと遊ばせていただいた、本当に楽しい時間でした」 しのさきあさこ 「ニコ生は……生放送で、観ている人の反応がそのまま返ってくるので、ずっとニヤニヤしながらの出演でした(笑)」 ASA-CHANG 「あまり経験のないままの出演に、コメントが流れていく様にも慣れないままのニコ生でしたが、本当に良いクリエイションができた現場だったと思います!」 【新曲『白日夢』について】 押見修造 「まさか僕のマンガが、また違った形でも実を結ぶことができるなんて思っていなかったので本当に光栄です。しかも一番将来が不安だった大学生の頃に聴いて影響を受けたASA-CHANGさんに、自分の声を切り刻んで使ってもらえるなんて、15年前には夢にも思っていなかったし、人生捨てたもんじゃないな……と素直に思いました。なにより素晴らしい楽曲に仕上げてもらい、本当にありがとうございます!」 しのさきあさこ 「大好きなASA-CHANGさんとの共作だったので、勉強するところもたくさんあったし、記念にもなったので私にとっては良い思い出の残る曲になりました。また、押見先生のように、曲を作らない方とも曲を作れるなんてめったにないので……そっちでもニヤニヤしてました(笑)」 ASA-CHANG 「宇宙人の音が主軸なのはもちろん、原作者・押見先生の「ぼくは」という赤裸々な言葉がキレイにマッチングできたんじゃないか、と自負しています!そこをしっかりと聴いていただけたら幸いです」 ・奇跡の名曲!『白日夢』を今すぐ聞くにはdwango.jpへ ・『惡の華』新オリジナル楽曲ASA-CHANG、しのさき あさこ、押見修造緊急対談