奥田民生全国ツアーで「あさっての広島を応援してほしい」
9月11日にニューシングル『風は西から』をリリースした奥田民生が、10月14日新木場STUDIO COASTを皮切りに、約1年10ヶ月ぶりとなる全国ツアー「奥田民生 2013ツアー“SPICE BOYS”」をスタートさせた。 最近は弾き語りによるライブ出演が多かった奥田民生だが、今回は久しぶりに斎藤有太(Key)、小原礼(Bass)、湊雅史(Drums)MTR&Yバンドで11月28日中野サンプラザまでの11都道府県全16公演のツアーを駆け回る。 また、11月27日に約1000日振りにリリースとなるニューアルバム『O.T. Come Home』のジャケットや収録曲などの詳細がツアー初日に合わせて一気に情報解禁された。ネオンカラーのオレンジが印象的なビジュアルで、シングル2曲を含む全13曲のタイトル全てを発表。最新シングル『風は西から』はもちろん、『拳を天につき上げろ』は新たにアルバム・ヴァージョンとしてMIXされた音源が収録される。 久しぶりのツアースタートということもあり、メンバーが登場した途端オーディエンスが拍手と歓声で迎える中、11月リリースのニューアルバムに収録されるセルフ・カバー曲(PUFFY提供曲)の『マイカントリーロード』からライブはスタート。『荒野を行く』でKey・斎藤有太のソロパートがあるなどバンドメンバーのプレイも際立つシーンがありつつ、「初日なんで打ち合わせしながらやるみたいな感じなんで。前回とメンバーごっそり変えてきました!新鮮でしょ。」といつもの民生節全開なトークを炸裂しながら馴染のメンバーでいい意味で力が抜けたライブが進んで行った。 ライブ中盤では「新曲やります」とニューアルバム収録曲の『チューイチューイトレイン』を披露。歌詞がスッと入ってくる非常にキャッチーなロックンロールチューンに、オーディエンスも口ずさみながら腕を上げて応えていた。 バンドメンバーも徐々に勢いを増して『あくまでドライブ』ではメンバー紹介をしながら、ソロプレイをまわしていく。『風は西から』では、9月にリリースしたばかりのシングルとあって、オーディエンスが大合唱するシーンも見られた。 そして、ライブは終盤へ。「今日伝えたいことはあさっての広島を応援してほしい、それだけです」とトークはあさってに巨人戦を控える奥田の愛する広島カープの話題に終始しながらも『御免ライダー』『拳を天につき上げろ』を2曲続けて披露し、オーディエンスを一気にヒートアップさせて本編は終了。アンコールではまさかのサプライズもあり、驚きと感動が入り混じる中ツアー初日は幕を下ろした。(カメラ/山本倫子) 奥田民生『さすらい』『愛のために』名曲はドワンゴで!