The Birthday珍しくMCを話すも観客と…
9月14日に千葉LOOKを皮切りにスタートしたThe Birthdayのライヴツアー「BLACK DOCTOR FIGHT AGAIN 12 NIGHTS」が、10月12日新木場STUDIO COASTでファイナルを迎えた。 『SとR』の乾いたギターリフが鳴り響くと、待ちかねていた観客が一斉に躍動しはじめた。この日は、アルバム『VISION』と『I’M JUST A DOG』の収録曲を中心に、1stアルバム『Rollers Romantics』をはじめ、各アルバムからセレクトされたベスト盤さながらの選曲で、Wアンコールまで約2時間全21曲を披露した。 このツアーで初披露され、12月4日にリリースする久々のシングル曲『LEMON』は、むき出しのメッセージで観客を引きつけた『ひかり』に続いて演奏された。 最初は静かに始まり、徐々に熱を帯びていくドラマチックなナンバー。ジッと耳を凝らし、歌に聴き入る観客。シンプルなライトに照らされたチバに、最前列の観客は必死で手を伸ばした。 前後左右小刻みに体を揺らしながら、黙々とベースを奏でたヒライハルキ。『Nude Rider』の間奏では珍しく「新木場ぁ〜!」と叫び声をあげた。 ステージ前で観客をあおりながらギターソロを披露したフジイケンジ。『狂っちゃいないぜ』では、フロアを見渡しながらメロディーを一緒に口ずさむ。タイトなビートで終始バンドを引っ張ったクハラカズユキのドラム。『Red Eye』ではジャジーなムードを演出し、一転激しい連打のドラムソロに大歓声が沸き起こった。まさに圧倒的と呼べるほどの演奏が、会場を飲み込む。終盤『涙がこぼれそう』『さよなら最終兵器』といった人気ナンバーを次々と演奏するや、人がうねるように入り乱れる。観客のモッシュやダイヴで、熱気は最高潮に達した。 MCは毎回ほぼないに等しいが、「新木場って何区?」と問いかけたチバ。しかし観客が一斉に答えたため「何だかわかんねえ!」と苦笑い。アンコールでクハラは「来年は嫌ちゅうほどライヴで回りたいと思っています。でも嫌にはならないでネ!」と、笑いを取った。 Wアンコールのラストは『ローリン』。「まだ何もしてねえから、また転がってこう」とチバ。ブルースハープを吹きマラカスを振り「We Are The Birthday!」と何度もバンド名を叫ぶ。コール&レスポンスでこの日一番の一体感を見せたフロア。繰り返されるサビに、最後の最後まで休むことなく飛び跳ね続けた。(ライター榑林 史章/カメラマン新保勇樹) The Birthday楽曲を買うならdwango.jpで!