あまちゃん鈴鹿ひろ美役でも大活躍!薬師丸ひろ子代表曲を30年ぶりに新録
あまちゃんで大人気となった鈴鹿ひろ美役を演じた薬師丸ひろ子。 映画デビュー作である「野性の証明」が公開された1978年10月7日から35年目にあたる記念すべき年に23年ぶりの単独コンサートを開催した薬師丸ひろ子。東京2公演、大阪2公演で開催された同コンサートは、10月11日(金)東京・オーチャードホールで大喝采のうちに終了した。1990年の『Heart’s Delivery』以来、実に23年ぶりの単独コンサートツアーとあり、チケットは発売早々に完売、プレミアムなコンサートとなった。 「歌と共にみなさんの素敵な想い出の扉を、そっと開くことができたら」というMCの通り、『あなたを・もっと・知りたくて』『探偵物語」など、冒頭からヒット曲を連発。中盤は、自ら選曲したセレクション・カバーアルバム『時の扉』を12月4日にリリースすることを発表。今回のコンサートの音楽監督を務める武部聡志とピアノとボーカルのみのスペシャルセッションで披露し観客を魅了した。また、12月4日発売の本人自らが全ての選曲に携わったセレクション・カバーアルバム『時の扉』は、ドラマ「篤姫」「江~姫たちの戦国~」映画「冷静と情熱のあいだ」など、数多くのドラマ劇伴や映画音楽を手掛ける吉俣良がアレンジを手掛け、今なお愛され歌い継がれる薬師丸ひろ子のデビュー作であり、本人主演映画主題歌として大ヒットした『セーラー服と機関銃』を、異国情緒漂うアレンジで30年ぶりに新録として収録することが決定している。 『セーラー服と機関銃』を今すぐ聞くにはクリック