Berryz工房「もっとずっと一緒に居たかった/ROCKエロティック」は新境地開拓
Berryz工房が33枚目のシングルとなる『もっとずっと一緒に居たかった/ROCKエロティック』を10月2日に発売した。 今までは元気で可愛らしいイメージの強かったBerryz工房だが、今作品ではぐっと大人の印象が強い楽曲に挑戦。『ROCKエロティック』はメンバーの半分が男装をし宝塚的な世界観のMVが話題となっているが、楽曲も素晴らしい。曲調はここ最近のハロプロ系楽曲でよく聞かれるEDM×歌謡曲調。切ないメロディーラインに、バキバキのシンセ音が絡み耽美的な世界観を表現している。全メンバーの歌唱力が高いBerryz工房が歌うからこそ最高の作品へと仕上がっている。(乃木坂46とBerryz工房が初共演!)『もっとずっと一緒に居たかった』は切ない女性の恋心を歌うバラード。7人それぞれ特徴のある歌声がキチンと聞ける構成となっている。今までとは違う一面を見せ、アダルトなイメージも高い各メンバーの高いパフォーマンス能力で難なくこなせることを証明させたBerryz工房。初の武道館単独公演に向け、この2曲は核となる楽曲となりそうだ。 『もっとずっと一緒に居たかった/ROCKエロティック』今すぐ聞くなら!↓クリック