T-ARA日本武道館2daysユニット、ソロ曲満載でJAPAN TOURファイナル
9月4日福岡を皮切りにスタートした韓国の人気ガールズグループT-ARAの2度目のJAPAN TOURファイナル公演が9月26日、27日の2日間に渡り日本武道館で開催された。 ツアーに先立って7月に開催したプレミアム先行ライブを含めグループとして3度目の武道館のステージに立ったT-ARAは「T-ARAジャパンツアーいよいよ最後の武道館です!皆さん、楽しむ準備はできましたか?」(ソヨン)「今日一日T-ARAについてきて下さいね!」(ボラム)とスタートからアクセル全開のメンバーに会場のファンも大声援でこたえた。 今回のツアーでは、T-ARAとしてのヒット曲満載なパフォーマンスをはじめユニット曲やステージでは初となるソロ楽曲を披露するなどバラエティ豊富な、まさに変幻自在のT-ARAの魅力が会場に詰めかけたファンを魅了した。 コンサートの終盤では「私達がデビューして2年くらい経ちますが、皆さんからたくさんのお手紙をもらいました。その応援のおかげでここまで来れたと思います」(ソヨン)「今日はT-ARAみんなでお返事を書いてきました。」(キュリ)とステージ上でファンへの感謝の気持ちを綴った手紙をメンバーを代表してボラムが朗読すると、先程までの熱気にあふれた雰囲気とは一変し静粛に包まれた会場に暖かい空気が流れ込みT-ARAのファンを大切にする気持ちが武道館全体に伝わって行った。この日のステージではオリコン初登場1位を獲得したデビューシングル『Bo Peep Bo Peep』やT-ARAの人気を決定付けた『Roly-Poly』T-ARA最大の売上枚数を記録した『バニスタ!』をはじめアンコールを含め全24曲を熱唱し約1カ月に渡る5都市9公演のジャパンツアーの幕を閉じた。T-ARAはこの後、韓国へ帰国し10月10日に約1年ぶりの新曲でカムバックし11月には日本で8枚目のシングルをリリースする予定。また、この日の武道館公演の模様は12月にDVDとして発売する事も発表された。 可愛すぎるT-ARAの楽曲を今すぐ