第二の宇多田ヒカルか?14歳kahoデビュー曲が異例の大抜擢
無名の14歳女性シンガーソングライターkahoが、11月27日に両A面デビューシングル『every hero/Strong Alone』でソニー・ミュージックレコーズよりCDデビューすることが明らかになった。 収録曲『every hero』が、堀北真希主演フジテレビ系新ドラマ「ミス・パイロット」(10月15日スタート、火曜午後9時)に異例の大抜擢されることとなった。kahoは東京生まれで、現在オーストラリア在住の14歳。幼少期より両親の影響で、スティービー・ワンダー、マイケル・マクドナルドをはじめ、様々な音楽に触れて育った。6歳のころ母親が弾くピアノを見よう見まねで弾きはじめ、ピアノのインストを作曲することをはじめた。9歳の時父親からボイスレコーダーをプレゼントされ、そこに唄とピアノでメロディーを吹き込むことで作曲の面白さを覚え、12歳より自宅に録音設備を揃えはじめ、本格的に作詞作曲活動を開始した。 かつて宇多田ヒカルのヘアメイクを担当していた父親の金原宜保氏の繋がりで、宇多田ヒカルを手掛けた三宅彰プロデューサーにデモ音源が渡り、その才能に惚れ込んだ三宅氏が、ソニー・ミュージックレコーズにプレゼン、即契約、デビューに向け三宅氏と楽曲制作に入り今回の異例づくしのデビューとなった。【kahoコメント】ただ「歌うこと」「楽曲を作ること」が好きで、12歳の頃から作りためていた作品が、プロデューサーの三宅さんをはじめ、沢山の方々のサポートにより、日本でのリリースが決まったこと、心から感謝しています。更に、私の楽曲が、ドラマの主題歌に起用されるということで、正直とても驚いています。これから日本はもとより、世界中の人たちに私の歌で幸福を届けられるよう、がんばります。