40mP最新作は生演奏とボーカロイド奇跡の融合!
爽やかで元気のでる曲が幅広い世代から人気を博している人気クリエイター40mPがアルバム『少年と魔法のロボット VOCALOID BEST,NEW RECORDINGS』を発売した。 2008年からボーカロイドを使ったオリジナル曲を投稿し、現在、ニコニコ動画でアップロード楽曲の総再生数が1800万回を越えている。 今回のアルバム制作には総勢12名のミュージシャンが集結し、生演奏によって楽曲世界を表現し直した作品。常に新しい世界を切り開いている40mPにアルバム発売を記念し現在の心境をインタビューしました。 ―アルバムの聴き所を教えて下さい。 40mP準備から合わせてレコーディング~ミックス~完成に3ヶ月ほどかかりました。長い時間をかけて作りあげたアルバムですので、多くの方に聴いていただきたいです。ニコニコ動画にアップしている曲は打ち込みで制作していますが、今回は多くの演奏者が参加してくださり生演奏となっています。打ち込みで作られた楽曲と、生演奏で再構築した曲を聞き比べていただければ嬉しいです。 ―収録曲はどのように選ばれましたか?40mP自分の中でターニングポイントとなった曲を選びました。例えば2曲目の『Melody in the sky』がキッカケでユーザーさんに【40mP】というボカロP名をつけて頂いた楽曲であり、初めて殿堂入りするなど、この曲があったからこそ今も活動出来ていると思っています。また、アルバムタイトル曲の『少年と魔法のロボット』はNHK「みんなのうた」でオンエアされた楽曲ですが、ボーカロイドが歴史ある番組で初めて起用されたことや、自分自身がずっと「みんなのうた」で採用されるような曲を作りたいと思っており、その願いが叶った楽曲なので感慨深く収録させていただきました。 ―今回の生演奏には、参加ミュージシャンが豪華ですが選定は? 40mP「虹色オーケストラ」という自分と事務員Gさんで企画しているコンサートがあって、そのコンサートで生演奏と生歌で40mPの曲を披露しています。その虹色オーケストラメンバーを中心に声をかけました。 ―今回のアルバムの収録秘話を教えて下さい。 40mPいままでは、自宅でひとり打ち込み作業をし楽曲を作っていたので、今回のレコーディング中は始終感動していました。生演奏になったことで気がついたことも多かったです。楽器を演奏する本人じゃないと分からないフレーズや、打ち込みと生演奏では変化する点があり、コラボさせていただいた演奏者からの意見はとても興味深く説得力がありました。そのため原曲では入っていないブラスやストリングスがアレンジされていたり、ギターソロが加えられていたりします。自分では思いつかないようなアレンジ部分は奏者の方々に思い通り演奏していただきました。 ―今回は3曲新曲が収録されていますが、聴き所を教えて下さい。 40mP3曲ともバラバラの方向性で『東京の真ン中で寝転ぶ』はアップテンポ、『千年橋と影法師』はバラードと和風、『コトバのうた』はポップでかわいらしいといったテイストです。自分の引き出しの端っこにあるモノを持ってきて作った曲です。普段使わないような自分の中にある感性をそれぞれの新曲に使った感じです。 ―最後にCDを購入したファンへメッセージをお願いします。 40mPボーカロイドに対する印象は人それぞれ違うと思いますが、40mPの作品は人間らしい温かみが魅力だと思っています。ボーカロイドの曲を軸に人と人がどんどん繋がっていく、その環境が温かい。今回のアルバムはボーカロイドと生演奏によって繋がった部分を聴いて頂ければと思います。 40mp『少年と魔法のロボット』を聞くならスマホ!dwango.jpへ 【40mP】ニコニコ動画マイリスト:mylist/7975931Twitter:@40mPBLOG:http://40meter.blog125.fc2.com【少年と魔法のロボット VOCALOID BEST,NEW RECORDINGS】発売日:2013年9月18日価格:¥2500(税込)発売元:ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント特設サイト:http://d-ue.jp/sites/40mp/