グラミー受賞ロバート・グラスパーLIVEダフトパンク曲も演奏
昨年発売したアルバム『ブラック・レディオ』が第55回グラミー賞最優秀R&Bアルバムを獲得し、ジャズ・ピアニストとしては初の快挙を成し遂げた現代ブルーノートを代表するピアニスト、ロバート・グラスパー。 そんな彼が率いるバンドがロバート・グラスパー・エクスペリメント。来日公演が、9月14~16日の3日間にわたりブルーノート東京で開催された。本公演ではスペシャル・ゲストにアルバム『ブラック・レディオ』のタイトル曲にも参加した盟友のラッパー、モス・デフと日本初共演が実現し、会場は全公演ソールドアウトのプレミアムなライヴとなった。旧知の仲であるバンドとモス・デフの相性は抜群で、『ブラック・レディオ』からの曲を中心に、海外でも最近お気に入りのレパートリーとなっているダフト・パンクの『Get Lucky』なども演奏し、満員で埋め尽くされたオーディエンスの興奮も終始冷め止まぬ、最高のパフォーマンスを繰り広げた。そんな彼らの最新作『ブラック・レディオ2』は、日本先行で10月23日に発売されることが決まっている。アルバムは『ブラック・レディオ』の続編として、コモン、パトリック・スタンプ(フォール・アウト・ボーイ)、ブランディ、ノラ・ジョーンズ、ジル・スコット、フェイス・エヴァンス、スヌープ・ドッグ、ルーペ・フィアスコ、エミリー・サンデーなど錚々たるゲストアーティストが参加し、よりソウル色が濃くなった、さらに高いレベルへと突き進んだ作品となっている。