SKE、HKTから見たじゃんけん大会
参加人数も増え、JKT、SHNの兼任メンバーも参加したことで、全グループのメンバーが参加した今回の「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」。SKE、HKTに焦点を絞り今回のじゃんけん大会を振り返ってみた。 松井珠理奈が初のAKB以外からの優勝者に輝いたSKE。磯原杏華、佐藤聖羅、内山命、竹内舞、松本梨奈、市野成美、水埜帆乃香、宮前杏実、AKBとの兼任の松井珠理奈、大場美奈、古畑奈和が参戦。注目は、巨乳すぎるおっぱいを持つ佐藤聖羅だ。前回は大胆なビキニで場内を沸かせたが、今回も期待通りにドロンジョ様風のボンテージに身を包み、こぼれそうな程の胸の谷間を披露!初戦で敗退をしたが武道館の視線を独り占めした。さて、最注目はSKEの絶対的エースであり、じゃんけんにめっぽう弱い松井珠理奈。今年からじゃんけんの消化方法が変わり、Aブロックから選抜を順番に決めていく事となり、Aブロックの1番、つまり記念すべき初戦の一人に選ばれていた珠理奈。フジテレビ「AKB映像センター」で話題となっているセーラー服姿で登場し、あれよあれよという間に3勝、選抜入りを果たした。その後もトントン拍子に勝ち続け決勝、初の決勝進出者同士の対決となったNMB上枝恵美加との激戦を制し、見事AKB以外での女王、センターの獲得となった。いままでは努力のイメージしかなかった松井珠理奈だが、これで運も味方にしていることを証明!次世代センター争いでも一歩リードしたかも?メンバー数の少ないHKT48は、今回の予選枠は3人と最少であり、戦前からファンの間では「選抜に誰も残れないんじゃないのか?」と心配された。田中菜津美、宮脇咲良、朝長美桜、AKB兼任の兒玉遥という豪華すぎるメンツが揃ったのだが、なんと兒玉遥と田中菜津美が同じブロックとなる悲運も。なんとも神様のイタズラな組み合わせとなった。結果としては、一人も選抜に残れないという厳しい結果となったが、それぞれが自分の個性を活かしたコスチュームでしっかりとアピールできた。この悔しさをバネにHKTが更に飛躍することを願いたい! SKE『美しい稲妻』もあり!クリックでSKE48隠れ名曲も公開(C)AKS