アプガ『Starry Night/青春ビルドアップ』詳細発表!
2013年10月30日に発売されるアップアップガールズ(仮)の新曲『Starry Night/青春ビルドアップ』。 T-Palette Records移籍第8弾となる両A面シングルで、9月4日(水)にリリースされた『SAMURAI GIRLS/ワイドルセブン』に続き、2ヶ月連続のリリースとなる。本シングルは、アップアップガールズ(仮)の楽曲を初めて手掛けるトラックメーカーによる2曲を収録。『Starry Night』はKiyoshi Sugoが作詞・作曲、編曲はKiyoshi Sugo & Wonder Worldが担当。アプガの7人を北斗七星に喩え、道を見失ってしまいそうになっている人に北斗七星のように空から七色の光を照らし勇気付けるというロマンチックな楽曲だ。『青春ビルドアップ』の作曲・編曲は、仙台を中心に活動するDJ/トラックメーカー4sk、作詞はmonaによるキュートなテクノポップとなる。 『Starry Night』 Kiyoshi Sugo & Wonder Worldコメント「アップアップガールズ (仮)のメンバーが7人だということから北斗七星を連想し、そこからゴッホの描いた「星降る夜」の絵をイメージ。この2つをヒントに、アップアップガールズ (仮)の持つ煌びやかさをサウンドへと落とし込んでいきました。アップアップガールズ (仮) は、夜空に浮かぶキラキラ輝く北斗七星。人生には、辛いことや悲しいこと、楽しいことが沢山あります。時には自分の進むべき道を見失ってしまってしまいそうになることもあると思います。そんな時に、空から七色の光を届け、道を照らし、一緒に前を向いて進んでいこうという、道標のような曲になってほしいという、希望を込めた楽曲です。」Kiyoshi Sugo & Wonder World 『青春ビルドアップ』4skコメント「今回はじめてアップアップガールズ(仮)さんに楽曲提供させて頂きました4skと申します。季節は秋ということで、ちょっと切ないテクノポップに仕上げさせて頂きました。文化祭をテーマにいつも攻めてるアプガさんのいつもとはちょっと違った女の子らしいキュートな部分を感じて頂けると幸いです。サビで手を叩く部分があるので、みんなで手を叩いて盛り上がってくれると嬉しいです!」4sk Kiyoshi Sugoプロフィールゼロ世代が乱立する現代のダンスミュージック・シーンの中でも、一際異彩を放つ、新世代プロデューサー/トラックメーカー/ドラマー/シンガー。オンラインで発表された数々のremix曲が海外のDJから絶大な支持を集め、デビュー前から大きな話題に。2011年9月にリリースされた1stアルバム「AO AKUA」は「タワレコメン」にも選出され、新人とは思えないロングラン・ヒットを記録し、今年4月にリリースされた2ndアルバム「ALL IN BLACK」では、EDM~Dubstep~ELECTRO~Techno~Chillwaveまでジャンルの幅を広げ、全Vo曲で自身がマイクを握るなど、ファンの度肝を抜くサウンド披露した。2013年10月には、Wonder World、★STAR GUiTARと共に、スプリット・アルバム「en 001」をリリース。 Wonder Worldプロフィール「From the Bedroom to the Whole Universe」をテーマに掲げ、東京から世界へと向けて楽曲制作を行うトラックメーカー。90年代のインテリジェント・テクノや、Aphex Twin/μ-ziq 一派、Clark、Daedelus、DE DE MOUSE、Lone、Serphといったエレクトロニック・アーティストと共鳴する、色彩豊かな楽曲が顔を揃えた1stアルバム「click here to download」が(昨年9月にリリース)、発売から1年かけて7,000枚Overという、近年稀に見る爆発的ロングラン・ヒットを記録したことで一躍シーンの注目の的に。アルバム・リリース後は、DE DE MOUSEやオオルタイチ、metalmouse等と共演していく傍ら、自身の主催するパーティー「en」もスタート。今年12月には、1年3ヶ月振りとなる2ndアルバムをリリースする。 4sk プロフィール仙台を中心に活動するDJ/トラックメーカー。ネットレーベル文化に感化され、’08年から本格的に制作活動を始める。ポップでキャッチーでエッジの効いたサウンドを目指し、エレクトロハウスやダブステップなどのクラブミュージックからロック、ポップスなどを幅広く制作している。 ライブを見る前に予習復習!アプガの楽曲今すぐ聞くならドワンゴ!