Juice=Juiceメジャーデビューシングルは王道ながら革新的!
Juice=Juiceのメジャーデビューシングルとなる『ロマンスの途中/私が言う前に抱きしめなきゃね(MEMORIAL EDIT)/五月雨美女がさ乱れる(MEMORIAL EDIT)』が2013年9月11日に発売された。 トリプルA面と豪華な作品となっている。リードシングルの『ロマンスの途中』はどこか懐かしい歌謡曲の雰囲気を持った良曲。最近のハロプロ関連グループが推し進めるEDMアレンジ路線ではなく、王道なアイドル歌謡となっている。プロデューサーであるつんく♂の得意とするディスコ~ファンクの要素もふんだんに組み込まれた気合の入った作品に。わかりやすい大サビを用意していなく、曲全体がキャッチーな構成に仕上っている。新人離れした圧倒的な歌唱力をメンバー5人がそれぞれ使い分けドラマチックに仕上げている。加えて、インディーズ盤として既に発表をしている『私が言う前に抱きしめなきゃね』『五月雨美女がさ乱れる』はMEMORIAL EDITとしてアレンジされ収録。より先鋭的に変化を遂げている。アイドルソング、しかも慎重にならざるをえないメジャーデビュー盤としては常識を覆すような【攻め】の構成が非常にワクワクする出来となっている。アレンジ前の楽曲と聴き比べるのも非常に面白い。久しぶりのハロプロアイドルグループとなるJuice=Juice。つんく♂をはじめとする制作陣の只ならぬ気合が感じられ、それに一生懸命に答えようとメンバーが最高のパフォーマンスを出しきった。メジャーデビュー盤としてはあり得ないような高レベルな完成度となっている一枚だ。 Juice=Juiceインディーズ、メジャー楽曲すべてをチェック、『私が言う前に抱きしめなきゃね』『五月雨美女がさ乱れる』のアレンジ前、後の聞き分けも!←クリック