人気ボカロソングが遂に小説化!
青春系・胸キュンソングで人気の高いボーカロイドソングを作り出すHoneyWorks(通称:ハニワ)。 掲載楽曲のほぼ全てが殿堂入り(10万再生超え)するなど、熱狂的な人気を誇るクリエイター・ユニットだ。そんなHoneyWorksが新たに仕掛けるのが、大人気楽曲の小説化。昨今巷を沸かすボカロ小説ジャンルにおいて、新旋風ともいえる直球・純愛ラブストーリーで、「カゲロウデイズ」「終焉ノ栞」などの大ヒット作に続けるか、注目が集まる。角川ビーンズ文庫より10月1日に発売される小説版「スキキライ」には、彼らの代表曲『スキキライ』『泣キ虫カレシ』の2曲とそのエピローグ・ソング『ハジマリノサヨナラ』が収録される。イラストはメンバーのヤマコ氏が担当。HoneyWorksと親交の深い人気歌い手・Geroも楽曲の書籍化にお祝いコメントを寄せている。また、2曲の恋の結末ともいえる新曲『ハジマリノサヨナラ』はニコニコ動画にて近日中に公開されるという。 『スキキライ』HPはhttp://www.kadokawa.co.jp/beans/t/sukikirai/ 『スキキライ』を聞くならdwango.jpで!