女性客多数!℃-uteの日武道館公演大成功!
℃-uteが遂に9月10日、℃-uteの日に日本武道館へ舞い降りた。 オープニング映像が流れ、きらびやかな衣装に身を包んだ5人の女戦士が武道館に登場。地鳴りのような大歓声が響く中『Kiss me 愛してる』からスタートし、早くもテンションマックスの武道館!衣装の早着替えからの『憧れMy STAR』を歌い終わると、岡井千聖が宣言していた氷室京介の名言「ライブハウス武道館へようこそ!」を披露!会場は大盛り上がりになった勢いで11月発売予定の『都会の一人暮らし』。続くMCでは、東京オリンピックの話になりリーダーの矢島舞美が「他のアイドルをまとめて一本背負い」するとアイドル戦国時代に宣戦布告をし会場を盛り上げた! 鈴木愛理と岡井千聖による『悲しきヘブン』では、二人のロックなヴォーカルに、ここがアイドルのコンサート会場であることを忘れさせるほどの大迫力を感じる。岡井千聖に氷室京介が乗り移ったかのようなシャウト!アイドル離れした二人の歌唱力に脱帽。 『Crazy完全な大人』では会場のサイリウムも振り付けに参加しているかのように武道館が一体となる美しさ。ファンと℃-uteの息もぴったりだ。『悲しき雨振り』は中央に置かれた回転装置を使用し、大人っぽい楽曲の世界観を演出した。衣装替えの間には、ハロプロ研修生が『めぐる恋の季節』を研修生とは思えないパフォーマンスで披露。これだけの大観衆の前でここまでのレベルの高いダンスと生歌を、中学生と小学生の女の子たちが繰り出せるとは、ハロプロの層の厚さを実感させられる。 『たどり着いた女戦士』では5人の幼少からの写真がスクリーンに映し出され苦難を共に乗り越えてきた5人の結束がより強くなっていくのが解る感動的な演出に会場では涙するファンもいた。 そんな感傷的な場面から一転、森高千里のカバー曲『この街』を歌おうとした時、舞台袖からまさかの森高千里本人が登場!℃-uteメンバー全員「申し訳ない」と連呼し会場を和ませる。一緒に『この街(オリジナルバージョン)』を6人で歌うサプライズが用意されていた!恒例の曲中セリフでは「音楽を信じてきた」「仲間を信じてきた」と5人で歩んできた長い道のりを感慨深く歌い上げた。 その後の衣装チェンジの【つなぎ】をなんと森高千里が務めることに!ソロで『雨』をしっとりと歌い会場からは割れんばかりの「千里」コールが鳴り響いた。 衣装をチェンジし、『まっさらブルージーンズ(2012神聖なるVer.)』では全身に電飾をあしらった衣装で登場、『都会っ子 純情(2012神聖なるVer.)』『Danceでバコーン!』と立て続けに会場を揺らしまくるキラーチューンを投入。最後は、ファンも含め全員で高々とタオルを振りながら『SHINES』!!アイドルコンサートでは、いままでに見たことがないほどのタオル保有率(見た限り9割近く!)がタオルを振る様はまさに圧巻! アンコールでは、『わっきゃない(Z)』『超WONDERFUL!』『JUMP』を立て続けに披露!まさに、武道館が揺れるほどファン全員が「JUMP」し感動のコンサートは幕を閉じた。℃-uteの5人がステージからいなくなっても、ファンは「℃-ute」コールはやめず、今日の宴がどれだけ感動的なものだったかを物語っていた。 国内のアイドルグループでは最高峰といっても過言ではないダンスと歌のパフォーマンスは「℃-uteのLIVEを見ないと損をする」と他のアイドルファンにも言わせるほど素晴らしい。国内…いや世界的に見ても【敵なし】なダンスパフォーマンス、そして生歌での大迫力の歌唱は武道館という℃-ute5人の「目標の地」でも普段と変わらない素晴らしいものだった。また、他のアイドルコンサートよりも女性客の姿が多かった。AKBにも言えるが、女性客が多いアイドルグループは必ずブレイクすると言われ続けている。℃-uteにも期待大だ! ℃-uteメンバーの次なる目標は、ここ武道館から程近い東京ドームでの単独公演。進化を続け、着実にファンを増やしていけばそう遠くはない未来にその目標は今日の武道館のように叶えられそうだ。 『(8) Queen of J-POP』℃-ute楽曲買うならdwango.jpで!今日のLIVEで使用した過去曲も満載!