back number即日ソールドアウト!初武道館大成功!!
9/7(土)日本武道館にてback numberが初のワンマンライブを開催した。 back numberはインディーズでの活動を経てデビュー28ケ月にして日本武道館で初ワンマンのライブを即日ソールドアウトという状況で迎える。ライブは満杯の会場を割れんばかりの拍手と歓声が鳴り響くなか、メンバー3人に加え、サポートメンバー(key、G、G&Cho)3名を加えた6名が登場。アップテンポの『半透明人間』でいきなり会場を手拍子とジャンプでひとつにしたあと、影がありながらも勢いのある曲『こぼれ落ちて』、インディーズ時代からのライブの定番曲『そのドレスちょっと待った』で一気にヒートアップ。その後シングル3曲『日曜日』『 わたがし』『思い出せなくなるその日まで』で会場を暖かい空気でつつみこむ。MCをはさんでデビュー曲『はなびら』から最新曲『高嶺の花子さん』で会場の盛り上がりは最高潮に。back numberの真骨頂である片思いソングが続く本編クライマックスは『恋』デビューシングルのカップリングでありながら根強い人気の女性目線の片思いバラード『幸せ』で会場全体が歌の中の「私」に感情移入して涙しているお客さんも多数いる。「ここにいるみんなにもっとすごい景色見せるから」とファンに今後を約束し、最後はドラマ主題歌にもなりバンドの新境地を開いた『青い春』、バンド結成のきっかけとなった気持ちを歌った『スーパースターになったら』で本編を終えるとアンコールではこれまでの感謝を伝えるかのような『ささえる人の歌』、全国73のパワープレイ・番組テーマを獲得し、いまや結婚式の人気曲でもある『花束』『海岸通り』で全力を出し切った満足げな表情を残し、記念すべき初武道館のコンサートを終えた。<セットリスト>M1.半透明人間M2.こぼれ落ちてM3.そのドレスちょっと待ったM4.日曜日M5.わたがしM6.思い出せなくなるその日までM7.春を歌にしてM8.はなびらM9.bird’s sorrowM10.平日のブルースM11.高嶺の花子さんM12.恋M13.幸せM14.風の強い日M15.stay with meM16.重なりM17.青い春M18.スーパースターになったらEN-1.リッツパーティーEN-2.ささえる人の歌EN-3.花束EN-4.海岸通りback number聞くならdwango.jpへ