BLUE NOTEが松浦俊夫と現在進行形のジャズを発信
2014年に創立75周年を迎える世界一有名なジャズ・レーベルBLUE NOTEが、新たなプロジェクト“HEX(ヘックス)”を発信することが明らかになった。 BLUE NOTEが指揮を任せるのは、90年代初頭より日本のクラブシーンを牽引し、踊るJAZZの提唱者でもあるDJの松浦俊夫。ミュージシャンには、次世代ソングライター/キーボーディスト佐野観、SOIL&”PIMP”SESSIOMSのドラマーみどりん、ジャズ、ラテン、そして映画音楽までを手がけるピアニスト伊藤志宏と、ミュージシャンから絶大な信頼を誇るベーシスト小泉P克人が参加。さらに、レコーディング・エンジニアにzAkを迎え、六角形(Hexagon)を意味する“HEX”の名のもとに、現在進行形の“ジャズ”を東京から世界に向けて発信するクリエイティヴ・フォースが始動する。デビュー・アルバムは11月20日発売予定で現在レコーディング中。そしてアルバム発売に先駆け、11月1日に恵比寿リキッドルームにて開催される、ジャイルス・ピーターソンとJ-WAVEとタッグを組んで送る音楽の祭典「WORLDWIDE SHOWCASE」にて、HEX初のライヴ・パフォーマンスが決定。未来のジャズ・サウンドが世界初披露となる。