モーニング娘。新曲は2013年一番の衝撃!
愛、をテーマにしたモーニング娘。54枚目のシングル『わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団』は、 現在のモーニング娘。再評価の流れの中でドンピシャのタイミングに発売された新生モーニング娘。が世間に衝撃を与える一枚になっている。 パフォーマンスの要だった田中れいな卒業後10人体制での初シングルとなる試練の一枚だが、これがEDMアイドルソングの最高傑作。『わがまま 気のまま 愛のジョーク』は様々なシンセ音が飛び交う中で「愛されたい!」と叫ぶヴォーカルが最高にキャッチーで病み付きになる。個性的なアレンジに飲み込まれてしまいそうなかなり難易度の高いトラックなのだが、鞘師里保を中心として抜群の表現力で歌いきる。モーニング娘。というネームバリューがありながらも、どのアイドルグループよりも冒険をする、これが今のモーニング娘。だ。そして両A面のもう一曲である『愛の軍団』。攻撃的なダンストラックに最近のハロプロサウンドでは大きな武器となっているホーンがからみ、グイグイと引っ張るシンセアレンジがこれまた中毒を引き起こす!『愛の軍団』と変わった楽曲タイトルながら、「自分を信じていくしかない」という深みのある内容で心に染みる歌詞。バキバキのEDMトラックとのギャップもいい意味であるのでそこも聞き所だ。 今作品で注目は、ここ最近のハロプロがリリースする良質なEDM×アイドルソングの立役者であるアレンジャー・大久保薫の存在。『わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団』も両曲とも彼のアレンジだが今後のモーニング娘。×大久保薫の最強タッグに要注目だ。アイドルソングの限界に挑戦し続けるモーニング娘。から目が離せない。『わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団』すぐ聞ける!モーニング娘。名盤ばかり!EDMとアイドルの奇跡の融合を!