ケイティ・ペリー「ボクシング」のナゾ解明
新曲『ロアー』を急遽発売したケイティ・ペリー。 10月23日には、3年ぶりのニュー・アルバム『プリズム』をリリースするケイティだが、ニューヨークのブルックリンで開催された「MTV Video Music Awards 2013」に 登場し、新曲『ロアー』初パフォーマンスを披露。ブルックリン橋の下にリングを設営し、ボクサー姿で登場し、ボクサーショーツと虎柄のブラを身にまとい、「ROAR」の文字を入れたメリケンサックとマイクを合わせたゴールドマイクで熱唱しファンを驚かせた。新曲『ロアー』の歌詞の中に、「I got the eye of the tiger, a fighter Dancing through the fire(私はトラの目を持っている、燃える炎の中、踊るファイター)とあるように、映画「ロッキー」のテーマ曲『アイ・オブ・ザ・タイガー』を彷彿させる内容。さらに、「Now I’m floating like a butterfly Stinging like a bee, I earned my stripes(今の私は、蝶のように舞って 蜂のように刺している、昇格したのよ)」と元世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリの代名詞ともいえる言葉を使っている。ケイティ自身が、新曲『ロアー』を作るにあたり、ボクシングに多大なインスパイアを受けているようだ。ケイティ・ペリー『ロアー』いますぐ!聞ける(C) Getty/MTV