「レッスン着のお尻に穴」秋元才加卒業は泣き笑い
ドームツアーの東京公演初日(今月22日)に卒業セレモニーを行った秋元才加が、8月28日にAKB48劇場で最後の公演を行った。 前日の板野友美卒業公演と同じく、チームK公演として行われた。秋元才加に対するトークコーナーで「何で男の人がいるんだろうって思った」「レッスン着のお尻の所にいつも穴が開いていた」など爆笑エピソードが満載。後輩からは「顔が好き」「体のラインが素敵」「肌がきれい」など褒めちぎられると苦笑いをして照れていた秋元才加。 公演はチームKおなじみの公演曲でアンコール前は進み、アンコール明けには、初めてのソロ曲で思い入れの深い『虫のバラード』を、メンバー誰もが認める圧倒的な歌唱力で披露した。「歌詞も曲も難しくて、いつも裏では震えていた」と意外な告白をしながらも、「歌詞の内容とは違うかもしれませんが、今日やっと笑顔で歌うことができたと思います」と達成感を滲ませた。終盤には、卒業メンバーを含めた同期の2期生、梅田彩佳、宮澤佐江、河西智美、増田有華、松原夏海が集結。卒業ソング『強さと弱さの間で』『草原の奇跡』を歌う秋元の瞳には涙が溢れた。 秋元才加は「幸せでした!明日からも頑張ります!ありがとうございました!」と力強く挨拶をしAKB48メンバーとして最後まで【強く、気高く、美しく】ステージを務め上げた。板野友美ソロ曲を全網羅!今すぐ確認!(C)AKS