人気ボカロP halyosy原作・原案『桜ノ雨』スピンオフ作を発刊
人気ボカロP「halyosy」が原作・原案の大ヒットボカロ小説『桜ノ雨』シリーズからのスピンオフとなる『Fire◎Flower 十人十色に輝いた日々』が発刊となる。 本書は、「もしも、初音ミクが女子高生だったら……」で話題になった『桜ノ雨』シリーズの第3弾にあたるスピンオフ作品。作品は、「幼馴染の蓮(レン)と鈴(リン)は、部活に、進路に、恋に、悩みながらも成長していきます。さらに、ハル先輩を想い続ける未来(ミク)が、ついにドイツへ!?」それぞれの青春を「花火」をモチーフに描く、青春ストーリーを鏡音リンレン、初音ミク、巡音ルカ、MEIKO、KAITOらボーカロイドオールスターキャストで描く。名曲『桜ノ雨』『Fire◎Flower』の生みの親であるhalyosyが原作・原案を担当し、執筆は『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』を手掛けた雨宮ひとみ、イラストには、iXima、水溜鳥、吉田ドンドリアン、竜宮ツカサ、shimano、水口十という豪華なメンバーが集結!halyosy『桜ノ雨』はクリックで【halyosyからのメッセージ】前作(『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』)の内容が完成した時、「ここまでサブキャラクターが面白いのに、未来(ミク)が卒業したら終わりなんて……やだ! 彼らのその後が気になる!」という個人的な欲望丸出しの願いが叶ってすっごい嬉しいですっ。鈴蓮(リンレン)や未来の恋の行方も当然のことながら、ロロの活動とか生い立ちとかすごく知りたかったので!(中略)どのエピソードからも、共通で感じられたのは、「夢ってなんだろう」ということでした。そしてそれがサブタイトルに込めた想いに繋がりました。(中略)時に愚痴ったり、喜んだり、ぶつかったり。鈴や蓮たちの十人十色の日々は、いつか一人で旅立つ時の勇気に繋がったんじゃないかな。(「あとがき」より一部抜粋)発売日は、2013年8月28日。