ともちんではなく板野友美として新たな夢の一歩
AKB48を創生期から支えてきた【ともちん】こと板野友美がAKBを卒業した。 8月27日にAKB劇場で行われた卒業公演は、所属するチームKの公演として行われ満員のファン、そして劇場に入りきれなかったファンが劇場付近で見守る中、公演がスタートした。 公演序盤のトークコーナーでは、「ともちんとの思い出」がお題となり、板野は「最初から感動すること言わないで」とハニカミながらコメントし会場の笑いを誘った。 公演は、チームKらしくキレキレのダンスが見所で『青春ガールズ』『脳内パラダイス』『最終ベルが鳴る』などおなじみの曲を披露。 公演終盤、チームK以外のメンバーも駆けつけ最後のメッセージを皆が板野友美に語りかける。「隣でともちんが笑ってくれていたから頑張れた」(大島優子)「いつもキラキラしているともちんが羨ましかった」(峯岸みなみ)「大好きです、本当に」(高橋みなみ)…などのメンバーの言葉に声を詰まらせながらも「ありがとう」とそれぞれのメンバーと固く抱擁し別れを惜しんだ。「私は今日(AKB48を)卒業しますが、新たな夢の一歩をこの劇場からスタートさせたい。ソロとしての第一歩も劇場から踏み出したいと思っています」と、AKB48の【ともちん】からソロアーティスト【板野友美】としての夢の一歩を力強い言葉で宣言した。 全ての楽曲を終えた後、“ともともコンビ”として仲の良かった河西智美がサプライズで花束贈呈に現れると再び大粒の涙を流した板野。最後には、「ありがとうございました-!」と、ともちんスマイルで8年間の思い出の詰まったAKB48劇場のステージから旅立っていった。板野友美ソロ曲を全網羅!今すぐ確認!(C)AKS