世界一激しいボカロ楽曲!デスボイスの初音ミク!?鬱Pインタビュー
唯一無二のボーカロイド×ラウドロックの世界観で作品を発表するシンガーソングライター鬱P。 今回はその独特な世界観を紐解くために、発売中のアルバム『悪巫山戯(わるふざけ)』の制作から音楽活動のきかっけまでインタビューした。 ―アルバム『悪巫山戯(わるふざけ)』のコンセプトを教えてください。 鬱Pアルバム制作の話を頂いたのが2012年初め頃でしたので、完成までに1年半ほどの期間をかけています。全国流通するCDになるため、自分としてベストの状態に仕上げようと思い、これまでに作った楽曲と新曲を半々にして全体的に統一感を出しました。僕が作る曲は時期によって曲調が違っていたりするんです。2012年頃はポップと重い雰囲気を半々に混ぜた曲調が好きだったので、新曲を作る時もイメージを合わせていきました。 ―『悪巫山戯(わるふざけ)』というタイトルはどこから決まったのでしょうか。 鬱Pアルバムタイトルというと、最近ではカッコよく英単語でキメたり日本語の場合は長めの文章っぽいタイトルが多い気がしたので、違った雰囲気にしたくひとつの単語で言い切れる日本語にしようと思いました。既存曲と新曲を含めて言い切れる単語は何かな……と考えたところ〝わるふざけ〟が一番しっくりきたのでタイトルに決定しました。もう、これしか無いな!と。 ―歌詞が特徴的ですが、楽曲はどのように制作されていますか? 鬱P歌詞関係の作業は楽曲が作り終わった後から始めます。タイトルを先に決めていくパターンが多く、そこからインスピレーションをいかして歌詞を作っていきます。ただ今作ではアルバムの収録曲『看板娘の悪巫山戯』の場合は、掛け合いで歌っていく部分があるので、曲の中でもポイントとなるため、先に作り、残りの部分を後から考えていきます。―メタルやデスボイスといったボーカロイドの調声が特徴ですが、意識はされていますか。 鬱P友達とバンドを組んでいた頃から、メタル系が好きだったんです。ヘヴィメタ系のSystem Of A Downに出会って影響されましたね。ただ、高校3年になってから受験でバンド活動が難しくなっていきました。そんな時に、ニコニコ動画でボカロに出会ったんです。フリーソフトでしたがコンピューターで音楽を作っていたので、ボーカロイドを使ってひとりで楽曲をつくり配信を始めました。やっぱり、メタル系が好きなので楽曲を作る時には叫び声がないと始まらないな~と感じ、ボーカロイドを調声していきました。 ―最後にファンの方へのメッセージをお願いします。 鬱P『悪巫山戯(わるふざけ)』は、1年半という時間をかけて、たくさんある曲の中から12曲にそぎ落とした現時点でベストなアルバムになっていますので、濃厚な内容を感じとってください。これからは、音楽を作ってアップロードをする他にも、リアルに楽しんでもらえるライブも力をいれ、多角的に活動の幅を広げたいと思っています。よろしくお願いします。 【悪巫山戯(わるふざけ)】発売日:発売中価格:¥2300(税込)発売元:ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント特設サイト:http://d-ue.jp/sites/warufuzake/ 鬱P奇跡の名盤!『悪巫山戯(わるふざけ)』DLですぐ聞くならコチラから悪巫山戯 (読み:ワルフザケ)