増田有華、大堀恵も来た!1年ぶり東京ドームはどうなった!
福岡、札幌、大阪、名古屋と順々に巡ってきたドームツアーが、いよいよ東京で開催となる。 AKB48にとって1年ぶりの東京ドーム。福岡ではHKT、大阪ではNMB、名古屋ではSKEが主軸となるような構成だったので、今回の東京ドームコンサートではAKBが主軸の構成となる。1日目は秋元才加の引退セレモニーを中心とし、秋元才加が『フライングゲット』ではセンターを務め『スカート、ひらり』では7年前当時の衣装に身を包み熱唱。 終盤には秋元康総合プロデューサーから贈られた卒業ソング『強さと弱さの間で』は、卒業した大堀恵、河西智美、野呂佳代、増田有華、松原夏海に囲まれながら披露した。 秋元才加の卒業セレモニー以外では、HKT48の動きに注目したい。お姉さんグループたちに負けじと力いっぱい、自分たちの力をフルに使ってパフォーマンスを行う。そこには秋元才加の卒業セレモニーを食ってやろう!といったギラギラした邪神はなく、純真にひたむきに演技をするHKT48は他のグループのファンから見てもキラキラしていて眩しかった。どこか、一生懸命にAKB活動を続けてきた秋元才加の姿に通じるものがあった。最後に、秋元才加のコメントを紹介する。 秋元才加です。AKB48に入った頃は、こんな大きな会場でたくさんの皆さんに見守っていただきながら卒業できると思っていなかったです。皆さんにありがとうの気持ちを言わせていただけるこうした機会をいただけて嬉しく思います。こうした恵まれた環境で皆さんに見守られてステージに立てる私は幸せ者です。卒業することに後悔はしていません。私をここまで育ててくれたAKB48を愛しています。ありがとうございました。私はAKB48を本当に愛していますし、本当にAKB48でいた日々は幸せでした。これからもAKB48と秋元才加の応援をよろしくお願いします。AKBの公演楽曲も!1曲から買える!(C)AKS