武田鉄矢がアイドルをプロデュース!楽曲はヒャダイン
俳優の武田鉄矢氏発案の、“歌って、踊れて、食べられる”アイドル=“食べドル”を育成する武田鉄矢プロデュース「アイドルプロジェクト」が2013年8月19日より始動する。 楽曲にヒャダイン、振り付けにパパイヤ鈴木をそれぞれ指名。今までにない、アイドルと“食”との融合を目指し、本気でアイドルを育成します。■プロジェクト発足の経緯武田鉄矢の「新しいことに挑戦し続けたい」「人を育てることで、自分を成長させたい」という想いからプロジェクトが始動。武田が、自分の対極にある“アイドル”を育てることを決意しプロジェクトを立ち上げた経緯について、次のように述べている。 「この年になると、もっと新しいことに挑戦したい。挑戦して、もっともっと成長したいと考えるようになる。そのためにはどうしたらいいか。自分を成長させるために、一番いいのは人を育てることなんですよ。人を育てる事が自分を育てるんです。」「ちょっとスポンサーさんにも無理を言ったといいますか、スポンサーさんを焚き付けたといいますかね、納得していただいた口説き文句は、食(しょく)という字は、人に良いと書いて、食(しょく)と読むんでございます。ぜひ、このひと文字に掛けてこのプロジェクトを成功させたいと思います。”と申し上げました。」ヒャダイン、パパイヤ鈴木の起用については、 「今考えられる最高の人材を起用しました。ヒャダインさんとパパイヤ鈴木さんは、私にないものを持っていて、必ずや“食べドル”というコンセプトに合う楽曲や振付を考えてくれると期待しています。今の世の中に衝撃を与えたいと思っています。」と語った。