秋元康発掘!LUHICAがあの伝統的歌番組へ
無名の新人ながら、デビュー曲『独り言花』が資生堂TSUBAKIテレビCMに起用され、ロングヒットを続けているLUHICA。 先日のテレビ初出演でそれまで隠されていた素顔を明らかにし、さらにお台場ヴィーナスフォートにて行われたデビュー記念ミニライブでも圧倒的な歌唱力で観客を魅了した彼女が、8月10日にオンエアされるフジテレビ系「MUSIC FAIR」に出演することが明らかになった。 完全生歌生演奏にこだわる「MUSIC FAIR」が、彼女にとってテレビ初収録であったにも関わらず、堂々としたパフォーマンスで、その姿に番組プロデューサーであるきくち伸氏や音楽監督の武部聡志氏らも絶賛し、出演前の新人に対して異例のコメントを寄せた。 (秋元康プロデュース!謎の新人がMステに緊急出演) 【きくちプロデューサーコメント】 好きになる声があります。わたしが好きになるボーカリストは出来上がって無い。中島美嘉さんの声に出逢ったとき、聴くたびにちがうその「抜群の不安定感」にヤラれました。YUIちゃんを知ってからずっと、その「永遠の未完成」を愛して止まず、彼女は今や忌野清志郎亡きこの世界のわたしのロックアイドル。今年の5月、中川翔子ちゃんの打合せでソニーに出かけ正面衝突のように唐突にLUHICAに逢いました。このコが。音源は聴いていましたが、7月『MUSIC FAIR』の収録の事前リハーサル、武部聡志音楽監督率いるバンドの生演奏ではじめて目の前でうたうLUHICAを聴きました。初対面の印象とたがわぬ「圧倒的な素材感」。LUHICAがCDの通りにうたえたら、たぶんわたしにとってそれほどでも無かったと思う。けれどLUHICAは圧倒的だった。こんな荒削りに、こんな佳いうたをうたえるなんて。たくさんのオトナたちに揉まれながら、たくさんのアドバイスをもらうだろうけれど、やってゆける限り思うままにうたってほしい。いつかオトナのボーカリストにならなくちゃならなくなるときまでは、「うたう自由」を大切にしてほしい。LUHICAを陰ながら応援しています。謎のLUHICA楽曲一挙公開!