アイドルの祭典!TIFどこよりも詳しくレポート
日本の夏、アイドルの夏がやってきた!東京お台場で一帯で開催されるTOKYO IDOL FESTIVAL2013(通称TIF)は今年で4回目。7月27日(土)28日(日)の2日間に渡り111組ものアイドルが7つのステージに分かれ、饗宴を繰り広げた。 野外ステージSMILE GARDENでは恒例の開場を告げるオープニングが開始。今年はロックバンド神聖かまってちゃんのドラマーを中心に結成された、「バンドじゃないもん!」が務め、激しくも可愛らしいステージを披露。「アイドルパフォーマンスシップに乗っとり、楽しみ楽しませることを誓います!」と、まさに開催にふさわしい宣言を発した。 フジテレビスタジオ屋上に設置されたAZURE STAGEでは次世代アイドルを中心としたステージを展開。この夏にT-Palette Recordsに加入した「キャラメル☆リボン」は音響トラブルで音が出なくなった部分を、アカペラでカバーする力量を見せれば、「乙女新党」、「夢見るアドレセンス」といった、結成半年~1年のグループはフレッシュな空気を振りまき、炎天下のステージに爽やかな風を吹かせた。 今年のメインステージは巨大会場のZEPP東京。ここでは噂のブラジル三世アイドル「リンダⅢ世」が独特な雰囲気で会場を沸かせば、「Negicco」は卓越したグルーヴでオーディエンスを虜にしていく。午後1時からスタートした「PASSPO☆」は『夏空HANABI』そして新曲『妄想のハワイ』でまさに会場を常夏の国に変貌させた。続く「Dorothy Little Happy」はキュートさ、そして確実なパフォーマンスを披露、第1回から参加している「東京女子流」は、少し大人びた世界と少女との狭間の世界をクールに演出していく。 日が落ちた19時、SMILE GARDENでは「アップアップガールズ(仮)」が登場。時に激しく、時に抒情に溢れたステージングで、暗がりになった会場にサイリウムの灯を灯した。ところが次の「小桃音まい」のステージの途中から雨が降り出し、それは雷を伴ったゲリラ豪雨となり野外ステージは以降中断という残念な展開となってしまった。それでもDOLL FACTORYやENJOY STUDIUMといった屋内ステージは夜遅くまでアイドルたちによるパフォーマンスが繰り広げられていた。 (アップアップガールズ(仮)新曲は最新鋭のダンスMusic) 昨日の豪雨はすっかりウソだったかのように、アスファルトを照り返す日差しがまぶしい朝になったTIF2日目。昨日同様、東京お台場一帯はお気に入りのアイドルTシャツを身にまとったファンたちで溢れかえった。 朝一のスタートアクトとなったのは2年連続で同じ場所に立った元「チェキッ娘」によるアラサーガールズバンド「blue chee’s」。老獪ながらフレッシュな演奏は早朝から感動を呼んだ。その後、続いた佐賀のガールズバンド「Victory」は先輩たちに負けじとアメリカン・オルタナティヴロックのような太いサウンドを響かせ驚かせた。 昨日、常に入場規制がかかっていたDOLL FACTORYとENJOY STUDIUMは本日も朝から行列は途切れず。ENJOY STUDIUMでは「Especia」や「NA-NA」といった大阪のガールズグループや「ねがいごと」「放課後プリンセス」らニューフェイスたちが熱く盛り上げる。DOLL FACTORYでは「アフィリア・サーガ」が、ファニーな空間を作り出せば、「バニラビーンズ」は一瞬にして大人のアンニュイな空間で悩殺していく。こうした中、このTIFで解散することが決定している仙台のアイドル「テクプリ」のラストステージが行われた。一つ一つ噛みしめるように、歌い踊る4人が放つ最後にして最高の輝きに、会場中が涙で濡れた。 メイン会場HOT STAGEでは「LinQ」「HKT48」の九州の2大グループが登場というトピックもあり、会場は常に満員状態に。トリ前を務めたアップアップガールズ(仮)は念願かなってのメインステージ初登場。期待に応えるように、会場内に嵐を呼び起こした。同会場の大トリをつとめたのは「アイドリング!!!」。お笑い芸人顔負けのMCは常に爆笑を呼び、歌が始まれば、『MAMORE!!!』、『やらかいはぁと』といった代表曲を連発し、大所帯ながらガッチリとしたグルーヴを見せつける。途中、「さくら学院」の田口華を“転入生”として向かい入れた新曲『ミルキーガール』を披露。 野外ステージSMILE GARDENでは、昨晩予定されていながら大雨で中止となった、「小桃音まい」と「Dorothy Little Happy」のステージが特別にセットされた。「小桃音まい」は『BANBAN鼓笛サンバ』で会場中を右へ左へと揺らし、「Dorothy Little Happy」は『デモサヨウナラ』でお馴染みとなった「オレモー!」コールの大合唱を夜空に響かせた。 笑いあり、涙あり、最高の瞬間がどの場所、どの時間でも訪れた今年のTIF。願わくばこのアイドルの楽園が来年以降も続くことを期待せざるを得ない幸せな2日間であった。 トリを務めたアイドリング!!!