田中れいな率いるLoVendoЯ海外でも大ブレイク!
「J-POP SUMMIT FESTIVAL」が今年も開催され、LoVendoЯが出演し7月28日にユニオンスクエアにてライブを行った。 ヴォーカルの田中れいなはこれまでにも、モーニング娘。在籍時にアメリカをはじめ、フランス・中国・韓国・台湾・タイなど世界各国にてライブやイベントを行った経験があるが、モーニング娘。卒業後のLoVendoЯとしては初の海外進出となった。 会場には、前日のイベントで購入したと思われる、LoVendoЯオリジナルタオルを掲げる現地のファンや、サンフランシスコ以外の各地から応援に駆け付け、LoVendoЯのTシャツを纏い必死に声援を送る姿が会場を盛り上げた。 MCより、「For LoVendoЯ!He are we go!」と呼びこまれ、メンバーがステージへ登場すると、海外初ライブとは思えないほどの熱気がユニオンスクエアを埋めつくす!LoVendoЯオリジナル曲『この世に真実の愛があるなら』がスタートし、会場のボルテージもマックスへ。その流れのまま5月に発売されたアルバム『カバーThe ROCK』より、ハイアップテンポにアレンジされた『今日までそして明日から』『たどり着いたらいつも雨ふり』と、現在のライブツアーで初披露となった『思うがままを信じて』を披露した。 メンバーは英語での自己紹介をし、「We are LoVendoЯ!」と全員で叫び、 それぞれ「We are from japan!」(岡田)「This is our first time here.」(宮澤)「We are happy!」(田中)「Enjoy the live!」(魚住)とメッセージを伝えると、アメリカンなテンションで大きな声援が沸き起こった。 田中れいなは、「次回は、ヨーロッパ各国や、モーニング娘。時代にライブを行いとても熱い声援を受けた国々でも、LoVendoЯとしてやってみたい!世界各国、呼んでもらえるなら、どこへでも行きます!」 と、今後の活動に関しても、世界に対する意気込みを語った。 ファンからは、 「モーニング娘。時代かられいなを好きでファンです。モーニング娘。を卒業して、見ることができないと思っていたけど、こんなに早く会うことができて、しかもサンフランシスコに初めて来てくれたのがとても嬉しかったです。」(27才女性) 「LoVendoЯのライブは、一番楽しかった!私は、とてもシャイですが、回りのファンに触発されて、自分自身もおもいっきり、盛り上がった!」(18歳女性) 「ライブは凄かった!ステージのパフォーマンスが輝いていた。アメリカで、是非LoVendoЯのワンマンライブをみてみたい!」(22歳男性) と熱狂的なメッセージが寄せられた! (進化するモーニング娘。田中れいな卒業で鞘師里保が覚醒する!) LoVendoЯの激渋『雨上がりの夜空に』はクリックですぐ聴ける