篠田麻里子卒業公演にみるAKBの今後~ポスト篠田は?
篠田麻里子が7年半にも及ぶAKB48としての活動を終了し7月22日(月)、AKB48劇場にて、卒業公演を行った。 総選挙では常に神7に君臨し、まさにAKBの支柱であった篠田麻里子の卒業がAKBグループにどう影響するのか?実は今回の篠田麻里子の卒業は、もしかしたら不動のセンターだった前田敦子の卒業よりも大きなAKBの転換点になるかもしれない。 篠田麻里子はAKBでも特殊なメンバーだった。 AKB48の第1期オーディションで落選し、AKB劇場内にあった48’s Cafeで勤務をしながら注目を受け、見事AKB48へ加入。その経歴から1.5期生と呼ばれていた。初期のメンバーでありながら、黎明期を支えた1期生でもなく、1期生に負けじと団結した2期生でもない1.5期生。そんな状況と、彼女の性格からかAKBを常に俯瞰で見てきた様に思える。 俯瞰で冷静にAKBが置かれている状況を見ていたからこそ、アイドル活動だけでなく、モデルデビュー、テレビ番組に単独出演、自身の服飾ブランドを成功させるなど常にAKBメンバーとして新たな道を切り開いてきた。 開拓者だからこそ見えているモノが篠田麻里子にはあった。だからこそ、後輩たちがいまいちガツガツしていない状況に対し、その気持が【AKB48第4回選抜総選挙】での、 「潰すつもりで来てください。私は何時でも待っています。そんなに心強い後輩が出てきたならば私は笑顔で卒業できると思います。」に通じる。 この発言は、ファンだけではなくAKBグループ全てのメンバーに衝撃を与えた。篠田麻里子には巨大化するAKBの中で年長者として、若手メンバーにはない危機感があったのだろう。 はたから見れば恵まれすぎているほどのタレントとしての活動ながら、どこか篠田麻里子には常に危機感が見て取られた。それは、高橋みなみがコンサート会場が大きくなるにつれ不安を持ち、西武ドーム、東京ドームと会場が大きくなるにつれメンバーへの叱咤激励が激しくなっていった、その気持ちと一緒だと思われる。 高橋みなみが総監督としてメンバーを先導してまとめる役目なら、篠田麻里子は陰ながらAKBというグループをバックアップしていた【究極の裏方】。この二人が常に危機感を持ち、不安を感じていたからこそAKBは前進を続けられてきた。 前田敦子が卒業した後は、渡辺麻友、島崎遥香、松井珠理奈と次世代エース・センターは常々ファンからもマスコミからも論じられ様々な意見が飛び交った。 では、ポスト篠田はどうだろう?いまのAKBグループにいるのか?高橋みなみを支える存在、それも絶大なるバックアップが出来るメンバーがいるのか? 可能性があるのが横山由依だ。研究生時代に篠田のバックアッパーとして多忙な篠田が欠席する公演では代役を務めることが多く、しかも【篠田の教育係】として横山が振り付けや立ち位置を篠田に教えていた時期があった。横山自身は「篠田さんは私が教えるまでもなく、フリを覚えていて私が教えたことなんてないんです」とよく話すが、篠田からの信頼も絶大だ。 新たなチームAのキャプテンを任されたのも、そういった経由があるからだと考える。 その横山由依は、NMB48との兼任などを経て9期生ながらAKBの中心的存在となった。横山由依が篠田麻里子の系譜を引き継ぎ、裏からAKBグループを引っ張っていける存在に早急にならなければ、篠田の抜けた穴は非常に大きいものになってしまう。 篠田麻里子の卒業という大きな出来事をキッカケに、篠田が後輩に託したように総選挙上位メンバーを潰すつもりの強い気持ちがある若手メンバーが育つ機会になりそうな、そんな予感がする。今年も、AKBが非常に面白くなりそうだ。 『上からマリコ』も!AKBの新曲、旧譜も揃うのはココ! (C)AKS